まにラーメン ver2

はたけの食べ歩きの記録です  ★★★★すごい美味かった!  ★★★美味かった  ★★普通かな  ★ごめんなさい

大勝軒(東京都豊島区)




 大盛もりそば(770円) ★★★ 2007-085

 「鹿島鉄道を乗りに行くついでちょっとだけラーメン」part7。明後日3月20日で閉店を迎える東池袋の大勝軒。当初は今回の行程に入れてなかったが、出発直後に翻意し、急遽行くことにした。池袋駅前のネットカフェで寝過ごし、なおかつ道を間違うという大チョンボを犯し、大勝軒に着いたのは7時30分。この時点で行列は早くも50m70人強になっていて、常連と思しき人達は店の前で酒盛りを始めていた。この日は風が強く、ビル風に吹き飛ばされそうになりながら、じっと時が過ぎるのを待つ。ただひたすらに待つ。その間にも行列は伸びに伸び、10時30分のオープンの時点では300mはあったろうか。11時30分、山岸さんが杖をつきながらお店の前へとやってきた。行列&マスコミは騒然となる。山岸さん、行列の方に歩み寄ってきて、「手袋のまますいませんね」と何人かに握手を求めてきた。幸運なことに私もその1人! よもやの出来事だったので、ただ「ありがとうございます」と答えて握り返すことしかできなかった。この後マスコミの山岸さんへのロングインタビューが始まる。12時15分、ついに店の中に入る。席は入り口を入ってすぐ、厨房を見渡せるベストポジション。もうこれが最後なので、もりそばを大盛りで注文。目の前の湯釜に大量の麺(10人前以上はあったか)が投入され、茹で上がるのをしばらく待つ。大ザルで3回かかって掬い上げ、流水で麺の滑りを洗い流す。大鉢の器に盛られて、つけタレと一緒に目の前にドンと置かれる。苦節5時間、ようやくここまで辿り着いた。チュルチュルと肌白の太麺をすすれば、やはり締めは緩かったが気になる滑りもなく、いかにも大勝軒らしいソフトな仕上がり。噛めば、やんわりと小麦の味が口の中に広がり、その圧倒的なボリュームで口の中を支配する。大盛りだと500g近くあるので、存分に食べられる。これまた大鉢に注がれたつけタレは、動物系と魚介系の旨味がじんわりと溶ける中に酢の酸味が効いて、懐かしさを帯びた甘酸っぱさがある。突出した味こそないが、旨味のツボを押さえた味の構成。つけタレの中にはチャーシュー・メンマ・ゆで卵・ナルトと海苔。チャーシューと言うよりかは、煮豚と言うべきか。厚切りのロース(モモ?)で、噛み締めるほどに歯応えがあって、味わいは脂が程好く抜けてさっぱりしている。麺を最後の1欠片まで、つけタレを最後の1滴まで、慈しむように食べる。味だけで言えば、これを上回るものは他にあるだろうが、このもりそばが重ねてきた年輪、果たしてきた役割を考えると、その存在価値はとてつもなく大きい。それを最後に感じることができて、本当に良かった。ありがとう、大勝軒。

 住所:東京都豊島区東池袋4丁目28-3角ふじ荘 電話:03-3981-9360
 ホームページ:http://www.tai-sho-ken.com/
 

一蘭(東京都台東区)




 ラーメン(750円) ★★ 2007-080

 「鹿島鉄道を乗りに行くついでちょっとだけラーメン」part2。朝ラー求めて上野駅の一蘭へ。先日まで内装工事をしてお休みだったそうな。カウンター席のレーンを1列削って、テーブル席ができていた。何故かこの時間でも満席。おいおい、こっちは時間がないのに。少し待たされて着席。む、カウンター席は隣との仕切りが小さくなった。暖簾もない。これが新型の『味集中カウンター』か。はっきり言って、デチューンにしか思えない(苦笑) ラーメンをオール基本で注文。恐ろしい早さで出てきた。スープ表面にはたっぷりの脂の層。スープはいつもどおりクセがなく、トンコツの旨味を美味く濃く引き出している。秘伝のタレが徐々に溶けて、段々とピリピリしてきた。極細麺はやや柔らかめの仕上がり。2枚のチャーシューはいつもより厚くて肉気が多い。倍近く噛んだかも。ギリギリ完食して、大慌てで常磐線のホームへと駆けた。でもまぁ、どう転んでも750円は高すぎる。4月22日に名古屋にもついにオープンするが、さて。

 住所:東京都台東区上野7丁目1-1 電話:03-5826-5861
 ホームページ:http://www.ichiran.co.jp/pc/hp/tenpo/tenpo/ueno.html
 

えぞ菊(東京都台東区)




 味噌ラーメン(750円)  2007-073

 「くりでん乗りに行くついでに少しだけラーメン」第6弾。「ムーンライトながら」乗車まで時間があるので、上野界隈で1杯。御徒町駅のガード下にえぞ菊の御徒町店を発見。本店が高田馬場にある札幌ラーメンの有名店である。ん? 店の前で店員さんが背伸びをしているが・・・ 不安が過ぎる。中はカウンター席のみで、やっぱり味噌ラーメンを注文。電車が通る度にガタゴトと鳴り響く。中華鍋で挽肉と野菜を炒めると、そこに大量のスープを注いで煮込む。しばらくして、大振りな器に味噌ラーメンが登場。スープを飲んでみれば熱々だがシャバシャバ。味噌のコクも野菜の旨味も感じられない。ただ、味噌風味のスープである。麺はややくすんだ肌でモッチリしたもの。食べているうちにモヤシとごっちゃになる。そのモヤシと玉ネギ、ずっと煮込まれていたのでクタクタになり、旨味も抜けている。これを大量に食べるのは苦痛である。メンマはそのまんまの味。チャーシューは程好い厚さのものが1枚。噛み応えはあるが、脂気は大分薄い。昨日最高に美味い味噌ラーメンを食っただけに、この落差はどうか。店に入る前に感じた不安は、現実のものとなった。えぞ菊、本店もこんななのか・・・?

 住所:東京都台東区上野5丁目20-4 電話:03-3836-9093
 ホームページ:http://www.ezogiku.jp/index.html
 

せたが屋(東京都港区)




 ひらつけめん(750円) ★★ 2007-013

 21時過ぎに品達に到着。さすがにこの時間だとなんつッ亭ですら行列はない。どの店も簡単に入れそうだ。久々にせたが屋が食べたくなったので、突入。せたが屋は名古屋の麺横で、最終日(2005/11/27)に食べて以来である。迷って、ひらつけめんを注文。しばらく待って、つけタレと麺が運ばれてくる。かなり肌が黄色い麺は、やはり平打ち。300gとボリュームがある。早速啜ってみたが、麺横の時のような弾けるような風味も弾力も乏しい。のぺっとした感じである。しかも、ぬるい。つけタレも熱々には程遠く、麺をつけているうちにすっかり冷めてしまった。魚介の風味こそすれ、やはりインパクトには欠ける。思わずガツン汁を注ぎ足してしまった。つけタレの中にチャーシューをカットしたもの、メンマ、ネギ、海苔、三つ葉が入る。チャーシューは脂部が多くて難儀した。最後まで食べきったが、明らかに麺横のお店の方が美味かった。どうした、せたが屋?

 住所:東京都港区高輪3丁目26-20 電話:03-3446-0831
 ホームページ:http://www.shinatatsu.com/raumen/kaku_kumo.html
 

麺屋武蔵 武骨(東京都台東区)




 白 武骨ら〜麺(730円) ★★★ 2007-012
 
 言わずと知れた、麺屋武蔵の系列。強風によるJRのダイヤの乱れに巻き込まれて、上野に着いたのが20時過ぎ。もう武骨はやってないよなぁ、と思いつつ、ダメモトで御徒町方面へと歩く。そしたらまだやってるぢゃないですか! 少し並んで中に入れば、10人位しか座れない手狭な店の作り。カウンターの中では、いかにも(良い意味で)武骨そうなスタッフ4人が忙しく動き回っている。中でも、ご主人のチャーシューをダン!ダン!と叩き切る姿は見物。白・黒・赤とメニューがあるうち、今回は白を注文。ご主人、6杯まとめて一気に作った。茶褐色に染まったスープの表面には脂の層ができている。想像していた程のこってり感はなかったが、豚骨の旨味を魚介系と合わせて上手く前面に押し立てている。結構女性客がいたが、こういったこってり系でも平気なのには驚いた。麺は中太ストレートのモチリとした食感のものを使う。あたかも細めのうどん。スープに負けないだけの美味さと存在感がある。歯応えの良い平メンマには軽く焦げ目がついている。チャーシューはバラ肉の塊だが全然しつこくもなく、これなら女性もOKか。最後まで美味しくいただけた。店名に恥じぬ武骨で美味い1杯で唸らされた。

 住所:東京都台東区上野6丁目7-3ヤジマビル2F 電話:03-3834-6528
 

雫(東京都福生市)




 鶏の雫(650円) ★★★★ 2006-282

 夜、中央線・青梅線と電車を乗り継いで福生へ。雫へ。スープ切れで終わってやしないかドキドキしながら店を探す。あった! 営業していた! 勢い良く中に入る。L字カウンターのコンパクトな店の作り。日替わりのラーメンということで、今日は「鶏の雫」が食べられる。期待して待つことしばし、目の前に置かれた1杯は、見るからに濃厚そうなスープで食欲をそそる。たまらずレンゲを突っ込めば、ズブズブと沈む。さながらポタージュ。口にふくめば、トリ・トリ・トリ。圧倒的に鶏。程好く塩気が利いて、鶏の旨味がこれでもかと出ている。一誠の鶏白湯以来のディープインパクト。こんな鶏白湯が食べたかった。麺は平打ちで太く、モチモチとした食感。スープをよくまとわりつかせて、それでいてスープに負けない旨味。具は鶏チャーシュー、メンマ、青ネギ。丸い鶏チャーシューはスモークされていて、口に入れると旨味と香ばしさが同時に拡がる。細メンマはシンプルな味わい。鶏星人にはたまらない、理想的な鶏白湯に出会えて、幸せ一杯である。

 住所:東京都福生市大字福生1043-1 電話:042-553-3941
 

斑鳩(東京都千代田区)




 和風塩らー麺(700円) ★★★ 2006-281

 今日は飯田橋で所用。ということで、昼飯は斑鳩へ。11時40分に着けば、げ、すでに20人超の行列! 並んだ後も、どんどん続いていく。20分近く待って、ようやく席に着く。店員さんの応対がソフトかつ丁寧で、相変わらず店長の笑顔が良い(爆) この1週間で新作が4作投入されるとのことで、今日から登場の和風塩らー麺を注文。しばらく待って、目の前に置かれる。写真を撮ろうとしたら「ありがとうございます」と返された。こんな所、他にない。やんわりと香る魚ダシ。旨味がよく出た魚ダシに、決してしょっぱくはないが、塩気が力強く出ていて美味い。一気にスープを飲みすぎて、麺やらが干上がってきた。麺は極細ストレートの肌白のもの。微妙に口の中でもちゃつく感じだが、許容範囲。結構量が多い。具はチャーシュー・メンマ・大葉・海苔にネギをトッピング。メンマは柔らかで独特の風味。チャーシューは少し脂が残るがあっさり目の味付け。大葉が和風感を更に引き立てる。昼休み終了の時間が迫っていたが、残すわけにはいかない。綺麗に完食。他の新作はどんなんだろうか?と、後ろ髪を引かれて店を出た。

 住所:東京都千代田区九段北1丁目9-12 電話:03-3239-2622
 ホームページ:http://emen.jp/ikaruga/
 

一蘭(東京台東区)




 ラーメン(750円) ★★ 2006-280

 ムーンライトながらで早朝東京入り。そのまま、朝ラー求めて上野駅の一蘭アトレ上野山下口店へ。うーむ、このワンパターンも何とかせねば。朝5時でもライン2列はほぼ満席の状態。朝ということで、「こってり度」はあっさりで、「秘伝のタレ」は1/2で注文する。暖簾の下から厨房の様子が少し見えたが、良く出来たマニュアルだこと。少し待って、ラーメンが運ばれてくる。豚骨スープには臭みもなく、注文どおりこってり感は控え目。早朝の空腹でもすんなり飲める。徐々に秘伝のタレを溶かして、風味をピリ辛にする。麺は極細のストレートで、さっぱりした口当たり。今回は青ネギにしたので、やはりネギ臭さはある。チャーシューは程好く脂が抜けて、プリプリとした食感。いつもながらはずしはしないのだが、750円の値段にしては物足りなさがあるのも事実。

 住所:東京都台東区上野7丁目1-1 電話:03-5826-5861
 ホームページ:http://www.ichiran.co.jp/pc/hp/tenpo/tenpo/ueno.html
 

生粋(東京都豊島区)




 石焼麺せいろ(900円) ★★★ 2006-052

 近々麺屋横丁に入るとの噂がある生粋だが、その前に一度本店で食べておこう。池袋西口の怪しい界隈にお店を発見。えーっと、隣は風俗店ですか・・・ 入口には大きく「拉麺」の文字の暖簾がかかっている。その手前に4・5人並んでいた。15分程待って、ようやく店内へ。厨房を取り囲むようにカウンター席が配されていて、炉端焼き屋のようである。カウンターには何故かビー玉のようなものが所々に埋め込まれている。食券を買って、石焼麺せいろを注文。しばらく待っていると麺とつけタレが登場。店員さんが焼かれた石の入った器の中にタレを注ぐと、じゅわっと焼ける音が聞こえてつけタレが完成。肌白の中細麺はよく締められていて、素朴な味わい。つけ麺なら、もうちょっと太くて食べ応えがあった方が良いかも。つけタレはこげ茶色のどろっとしたもの。それもそのはず、塩焼きしたサンマを使ったかえしを用いている。サンマの味が存分に詰まっているが、腸の部分の濃い味も感じられる。よく考えた面白い味だが、つけタレは思った程熱々ではなく、3口4口食べているうちに冷めてしまった。どうせなら、白神@関のように途中で焼き石を投入してくれれば良いのに。麺の上は具沢山で、煮玉子、水菜、メンマ、チャーシュー、ネギに刻み海苔。メンマ、チャーシューとも味は強くなく、ちょっと物足りない。ま、でも十分に美味かった。本当に名古屋に出店するなら楽しみである。

 住所:東京都豊島区池袋2丁目12-1 電話:03-5950-2088
 

海神(東京都豊島区)




 あら炊き塩(700円) ★★★ 2006-051

 名にし負う石神様プロデュースのお店。池袋西口から地下道を抜けて、立教大学のすぐそばへ。地図が大まかだったので少し迷ったが、ビルの1階にお店を発見。おお、隣は麺屋ごとうですか。18時前に店に着いたが、あれっ?、客の姿はなし。訝しく思いつつも、中に入る。店内には大きく「本日のあら 鮭・鰤・鱈・平目・金目鯛」と貼り出されている。ここの名物、あら炊き塩はこれらの旬の魚を使ってスープをとるそうな。組み合わせによっては毎日味が違うこともありそう。もちろん、これを注文。しばらく待って、白い器に運ばれてくる。琥珀色に澄んだスープを口にすれば、かなり塩気が強いが、刺さるような刺激ではなく、旨味のある塩気である。5種の魚のアラから取ったというが、魚臭さはなく、じんわりとした旨味が拡がっている。麺は中細のやや縮れたもので、やや柔らかめの茹で具合。2種の小麦をブレンドした特注とのことだが、味はスープに押され気味か。麺の上にはミョウガ、大葉、白髪ネギ、針生姜、糸唐辛子の5種の薬味が盛られている。これらを麺やスープに加えれば、味が劇的に変化する。クセのあるミョウガも合うから不思議である。具には、金目鯛・いとより鯛のすり身に海老を練りこんだつみれと、軟骨を練りこんだ鶏つくね。前者はふわっと、後者はコリコリとした食感が楽しい。麺と具を食べ終わった後に焼きおにぎりを入れるのが名物らしいが、連食なので泣く泣く断念。またリベンジしたいところ。店を出る頃には店内は満席になっていた。すぐ近くの立教大生が羨ましい。

 (2006年閉店)

 住所:東京都豊島区西池袋3丁目33-17 電話:03-3987-3620
 

瞠(東京都豊島区)




 らーめん(700円) ★★★★ 2006-050

 【瞠】「みはる」と読む。渡なべの渡辺樹庵氏プロデュースとのこと。夕方、東池袋の駅から高速沿い歩くとお店を発見。間口は狭いが奥に長い店舗。どうやら夜の部の一番客のようである。券売機の前でらーめんかつけめんに迷い、今回は前者を選ぶ。背の高いカウンター席に座ると、まるでバーのような雰囲気。ご丁寧に「魔王」や「兼八」の瓶が置かれている。奥の厨房かららーめんが運ばれてくると、巨大なメンマが目を惹く。茶濁したスープからは、節系の臭いが強烈に漂ってくる。これだけでもうやられそうだった。スープを口にすれば、豚骨をベースに鰹節の風味が激しく口の中を襲ってくる。渡なべのスープは無骨に感じたが、ここのはそれを更に昇華させたような美味さである。まさにディープインパクト。煮干も効いて、非常に飲みやすい。太めの麺は肌白でストレート。スープに引けを取らない存在。渡なべゆずりの極厚メンマ×3は、厚さの割りには柔らかく、甘味と旨味が溢れる逸品。肩ロースのチャーシューはぷりんぷりんとした食感で、非常に肉気に満ちている。何もかも手放しに美味かった。今回食べ歩いた中でベスト。

 住所:東京都豊島区東池袋1丁目31-16東商ビル3 電話:03-3971-7974
 

斑鳩(東京都千代田区)




 らー麺(650円) ★★★ 2006-049

 飯田橋からしばらく歩いて行くと、飯田橋1の交差点の近くに斑鳩を発見。店の前には入口から少し離れた所に10人弱の行列ができている。イケメンの店員さんに呼ばれて店に入る。店員さんは5人とも男性だが、黒い衣装で揃えられ、シャツは一番上までボタンをする程徹底している。物腰も柔らかく応対も非常にソフトで、威勢はなくても非常に心地良かった。内装や雰囲気もセンスを感じる。限定メニューに激しく心惹かれたが、ここは我慢してデフォのらー麺を注文する。紫色(?)のご主人が手際良く作って、待たずにらー麺が出てきた。衣紋の美しい丼の中から、ぷ〜んと魚介の良い匂いが漂ってくる。これは期待できる。軽くトロみのあるスープを飲めば、鰹節や昆布の上品な風味がぷわーっと口の中に広がる。マイルド、本当にマイルド。強引な表現だが、大須和樂をもっと上品にした感じか。麺は中太の縮れたもので、麺密度の高そうなしっかりとした歯応え。もっちりとした食感だが、後味がちょっと気になった。具はシンプルにチャーシュー、メンマ、海苔。スープの風味を保つためか、ネギすら入っていない。いずれもスープの風味を損なうことなく、それぞれに風味を秘めている。大勝軒の後でもきっちり完食。限定をハシゴしようかと思ったが、これは次回にとっておこう。店を出ると、行列は20人に伸びていた。そうまでして食べたいのも納得である。

 住所:東京都千代田区九段北1丁目9-12 電話:03-3239-2622
 ホームページ:http://emen.jp/ikaruga/
 

大勝軒(東京都豊島区)




  特製もりそば(650円) ★★ 2006-048

 今や日本各地に乱立する大勝軒。その総本家(?)が東池袋のお店だが、来年には再開発で立ち退くことになっているらしい。行列することで有名だが、折角なので立ち退く前に食べに、いや、並びに行こう。少し道迷って9時40分に店に着けば、すでにおっちゃんが1人座って待っている。古びた店舗の目の前には42階建の高層マンションが建設中である。10時を過ぎて行列が延びていくと、10時20分になって暖簾がかかった。11時開店と思い込んでいただけに、ラッキー! 隣の客と肘がぶりかりそうな手狭で年季の入った客席。入った順は関係なく注文がとられていく。特製もりそばを注文。厨房の様子を見ていると、数人がかりで5・6人まとめて作っていくようである。しかも、ラーメンから先につくるようで、もりそばは後回しにされた。しばらくして、大ザルに2杯分の麺が茹で上がる。大ザルは見るからにかなり重たそうである。丼に山盛りになって麺が登場。太めの丸麺はやや柔らかめの茹で加減で、つやつやとした肌。ちゅるちゅると口に入っていく。思ったより小麦の風味は控え目で、その分ソフトに感じる。それにしても、量が多いなぁ(笑) つけタレは他の大勝軒で見るより色が薄いなぁと思っていたら、掻き混ぜると一気に色が濃くなった。底にタレが貯まっていたようである。当然ながら甘辛酸っぱいのだが、それぞれの味はきつくはなく、バランス良く感じる。掻き混ぜる前のつけタレからは、野菜や動物系の旨味がよく伝わってきた。つけタレの中にはゆで卵が半分とチャーシューが沈んでいる。チャーシューは思った程味が濃くなくて柔らかかった。11時に店を出ると、行列は全くなかった・・・ ともかく、立ち退きになる前に並べて、食べれて良かった良かった。

 住所:東京都豊島区東池袋4丁目28-3角ふじ荘 電話:03-3981-9360
 ホームページ:http://www.tai-sho-ken.com/
 

どうとんぼり神座(東京都新宿区)




 おいしいラーメン(700円) ★★ 2006-047

 朝5時に新宿駅に到着すれば、気温は0℃。ガタガタ震えながら朝ラー求めて歌舞伎町へ。この時間でも人が多いのはさすが。ほぼ2年ぶりに神座へ。隣の天一も営業していたが、さすがに朝から天一は無理。神座、こんな時間でも1階のカウンター席はほぼ満席。朝まで遊んでいた若者連中から、風俗嬢と思しき人まで多士済々。デフォのおいしいラーメンを注文。いつもながら、強気なネーミングである。フレンチ帽のスタッフが中華鍋を振ってスープを作る。大きな口の器に盛られてラーメン登場。透き通ったスープは、例によってすき焼のわりしたを薄ーくしたような甘さに満ちている。ザク切りにされた白菜の甘さがよく出ている。朝一でも飲める味である。中細ストレートの麺は、異様にツルツルとした口当たり。ここまでツルツルだと、ある意味恐い。結構歯応えはある。具は白菜とチャーシューだけ。このラーメンはある意味白菜が主役。チャーシューは思ったより厚くて多目。脂もよくのっている。ニラを投入すれば、スープに生臭さとパンチがアップする。最後の方は口の中がヒリヒリしてきて、さすがにスープまでは飲みきれなかった。お品書きに「2回食べると病みつきになる」とあるが、どうもそんな気はしないのだが・・・

 住所:東京都新宿区歌舞伎町1丁目14-1 電話:03-3209-3790
 ホームページ:http://www.kamukura.co.jp/store/shinjyuku.html
 

 | HOME | 

カレンダー

06 | 2017-07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別件数

最近の記事

カテゴリー

コメント

トラックバック


プロフィール

はたけ

はたけ

名古屋流刑中の京都人です。当て所なく各地を歩いては、時々ラーメンを食べてます。気づけば、02年91杯、03年207杯、04年211杯、05年368杯、06年367杯、07年380杯、08年375杯食べてました。味音痴なのが致命傷で、このレポは全くもって役に立ちません。臨時更新&放置プレイをモットーにしていますので、気が向いた更新します。(現在gooブログからデータを移植中です。)