まにラーメン ver2

はたけの食べ歩きの記録です  ★★★★すごい美味かった!  ★★★美味かった  ★★普通かな  ★ごめんなさい

ちょもらんま(長野県松本市)



 
 鯵しょうゆ 背脂あり(680円) ★★ 2006-019

 南松本駅から歩いて10分、歩道橋を降りるとすぐそこにお店はあった。お綺麗な店員さんが笑顔で迎えてくれる。コクとり塩にもかなり惹かれたが、知人の勧めに従って、鯵しょうゆを背脂ありで注文。スープ表面はびっしりと背脂で埋め尽くされている。ぷ〜んと魚の匂いがするが、これが鯵だろうか。一口飲むと、舌の上に鯵のクセのある後味が残る。スープ自体は醤油ベースのしっかりしたもの。これだけの背脂でもくどくなく、スープとよく合っている。器が小振りなので麺は少なめかと思ったら、隙間無くたっぷり入っていた。麺は中細の縮れが強いもの。肌がかなり黄色い。食べると渋味のような妙な後味が残る。ちょっと苦手かな。肩ロースのチャーシューはホロホロと崩れる柔らかさで、それでいて味がしっかりしている。なかなか楽しめた1杯。

 住所:長野県松本市宮田4-13 電話:0263-28-4631
 

一矢(長野県諏訪市)




 つけめん とんこつ(620円) ★★ 2006-018

 もう1杯頼もうということで、限定らーめんが目を惹く。が、どうもら・けいこのように大盛りラーメンっぽいので、連食するには危険な感じである。ということで、つけめんをとんこつで注文。当然ながら先と同じ極太麺。これなら、さっきのは細麺にしておくんだった。水で〆た後、ザルから丼に麺が盛られていくが、見るからに麺の量が多い! だ、大丈夫だろうか・・・ つけタレと共に麺が出てくる。これ、300g近くありません・・・? しかし、食欲をそそる色と艶をしている。早速麺にかぶりつくと、先程以上の弾力が楽しめる。一味によって赤味を帯びたつけタレ。豚骨のつけタレってのは初めてかも知れない。一口飲んでみると、・・・、豚骨魚介系なのだろうが、何とも押しが弱い。もっと味が強くてもいいのでは。あと、玉ネギが入っているせいもあろうが、かなりぬるい。麺との絡みも今一つ。つけめんではエリンギ代わりにキクラゲ。味の濃い法蓮草も健在。角切りになったチャーシューはやや塩気が強いか。麺が美味いので、やっぱり完食。
 
 住所:長野県諏訪市大字四賀武津102-1 電話:0266-58-1851
 

一矢(長野県諏訪市)




 しょうゆ らーめん(577円) ★★★ 2006-017

 中信地方に行くにあたり、一矢(いちのや)がお奨めとの情報をいただいた。上諏訪駅でレンタサイクルを借りて、10分程でお店に到着。が、開店は11:30からで、40分待つことになった。店の外から中の製麺機が見える。中に入ると照明は暗くラップが流れ、およそラーメン屋らしくない。夜は居酒屋になるようだ。何にするか迷って、らーめんをしょうゆで注文。太麺か細麺かと聞かれ、太麺でお願いした。スープからは最初魚出汁の味と匂いがたつものの、二口三口飲むにつれ、醤油ベースのあっさりした風味が幅をきかせてくる。素直に美味い。うどんのようにスープにのたうつ極太麺。もちりとした食感で風味も良く、食べさせてくれる麺である。さすがは自家製。トッピングされている法蓮草は、味が濃くて良い感じ。エリンギはなかなか斬新な存在。玉ネギのシャリシャリ感が更にスープを楽しませてくれる。チャーシューもそんなに味は濃くなく、スープとよく合っている。いや〜、美味かった。もう1杯頼もう。
 
 住所:長野県諏訪市大字四賀武津102-1 電話:0266-58-1851
 

 | HOME | 

カレンダー

04 | 2017-05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別件数

最近の記事

カテゴリー

コメント

トラックバック


プロフィール

はたけ

はたけ

名古屋流刑中の京都人です。当て所なく各地を歩いては、時々ラーメンを食べてます。気づけば、02年91杯、03年207杯、04年211杯、05年368杯、06年367杯、07年380杯、08年375杯食べてました。味音痴なのが致命傷で、このレポは全くもって役に立ちません。臨時更新&放置プレイをモットーにしていますので、気が向いた更新します。(現在gooブログからデータを移植中です。)