まにラーメン ver2

はたけの食べ歩きの記録です  ★★★★すごい美味かった!  ★★★美味かった  ★★普通かな  ★ごめんなさい

豚の骨(奈良県大和郡山市)



 
 豚骨つけ麺 大盛り(950円) ★★★★ 2009-036

 先月食べた「豚骨つけ麺」の衝撃が忘れられず、他の人にも味わってもらおうと、麺友3人と一緒に「豚の骨」へ。開店40分前に着けば、早3人待ち。どうやら先頭の方は千葉県の人で、2時間前に来たらしい(笑) 開店時に並んでいた人は皆「豚骨つけ麺」狙いのようである。今日は大盛り(400g)で注文する。麺が山盛りになった丼と、やや間があってつけ汁がやってくる。麺を口元に運べば、もうその時点から心地よい小麦の香が漂ってくる。先月と比べると、今日の麺は僅かに水気が低めではあるが、噛み応えは変わらず圧倒的である。噛む度に爽やかな小麦の風味が口の中に広がる。今日は大盛りなので、存分にこれを味わえる。つけ汁は小鍋で熱せられているので熱々の状態。よーく掻き混ぜてから一口味わうと、いつもと変わらぬ濃厚で凝縮されたトンコツの旨味。ほんのりと柚子が香る。濃厚なので麺をどっぷり浸けると、すぐにつけ汁が干上がってしまう(笑) なので、麺を浸けるのを半分くらいにして、調整しながら食べる。つけ汁の中にはチャーシューとメンマ。前回はチャーシューのしょっぱさが気になったが、今日のは塩気は幾分控え目になっていた。無我夢中のうちに、麺は丼から姿を消した。残ったつけ汁に半ライスと魚粉を投入して、最後は雑炊風に。雑炊といっても、かなり濃い味だが。改めて思うが、このつけ麺は凄い! 明後日にももう1度来るぞ!(爆)
 
 住所:奈良県大和郡山市上三橋町152-1 電話:0743-52-6440
 ホームページ:http://www.muteppou.com/
 

豚の骨(奈良県大和郡山市)



 
 豚にぼラーメン(700円) ★★★ 2009-013

 予定通り、「豚の骨」でもう1杯。「豚にぼラーメン」をオール普通で注文する。「豚骨ラーメン」と比べて、「豚にぼラーメン」はスープは黒(緑?)っぽく映る。スープの表面には細かい煮干の破片が浮かび、銀色に光る。重厚なトンコツを中和するかのように、煮干の風味がしっかりと溶け込んでいる。ただ、前回食べた「豚にぼラーメン」と比べると、一体感はやや欠ける。麺は中細の縮れたもので、やや平打ちに近い。ソフトな食感だが、不思議と今日はスープとの絡みが今ひとつである。具はチャーシュー、メンマ、海苔にネギ。こちらのチャーシューには先程の塩辛さはさほど感じない。スープをほぼ飲み干したところで、胃袋が限界を迎える。十分に美味い1杯なのだが、感動的なつけ麺の後だっただけに、印象はどうしても劣ってしまうのは仕方ないか。

 住所:奈良県大和郡山市上三橋町152-1 電話:0743-52-6440
 ホームページ:http://www.muteppou.com/
 

豚の骨(奈良県大和郡山市)



 
 豚骨つけ麺(800円) ★★★★ 2009-012

 超らーめんナビの限定モノ企画に、ついに「豚の骨」が登場した。16日(金)から「豚骨つけ麺」を始めたが、頗る評判が良い。これは食べないわけにはいかないと、午後から奈良県を目指す。昼の部では開店30分前で20人並んだとのことなので、早めの到着を心がけ、17時ちょうどに駐車場に滑り込む。無事ポールポジションをゲット。「豚骨つけ麺」を普通(300g)でお願いする。10分近く茹でられた麺が丼に盛られ、小鍋で熱せられたつけダレが口の大きな器に注がれる。“麺の雰囲気が「大勝軒」っぽいなぁ”と思っていたら、ご主人が麺の修行をした所が「とみ田」だったとか。その太麺は肌に艶があり、モチモチとまさに弾けるような食感を持つ。噛むと清廉な小麦の風味が溢れ、「大勝軒」の麺の2枚3枚上をいく美味さである。これだけ上品なつけ麺の麺は、そうお目にはかかれない。トンコツを煮詰めたというつけダレは、濃厚ながらも骨粉っぽさはなく、至って滑らかである。つけダレを味わうと、トンコツの旨味の中に僅かに辛さが加えられ、柚子の風味がほんのり漂う。粘度が高いので麺によく絡み、絡み過ぎてつけダレがどんどんなくなってしまう(苦笑) つけダレの中にメンマとカットされたチャーシューが入る。チャーシューはやや塩辛く感じた。興奮のうちに麺は体の中に消え、最後は小皿の魚粉をつけダレに混ぜて、つけダレも平らげる。“「無鉄砲」のスープでつけ麺を食べたい”という長年の思いが、ついにここに結実した。しかも、予想以上のクオリティで。これはもう1・2度は食べておきたい。今度は麺の量を400gにして、最後にオジヤを頼んでみたい。

 住所:奈良県大和郡山市上三橋町152-1 電話:0743-52-6440
 ホームページ:http://www.muteppou.com/
 

豚の骨(奈良県大和郡山市)



 
 豚にぼラーメン(700円) ★★★★ 2008-131

 19時半、今回のメイン「豚の骨」に到着。。店の外にまでアノ臭いが広がってくる。幸いにも待ちは1組だけで、おかみさん曰く、某筋から私達3人が今日行くことが伝わっていた模様。もちろん、3人とも豚にぼを注文。さほど待たずに3杯が運ばれてくる。前回ほどではないが、スープには煮干しの欠片が浮かび、キラキラ光っている。期待を込めてスープを飲めば、圧倒的なトンコツの旨味と、それにも負けない煮干しの香ばしさが無理なく溶け合い、感動的でさえある。ノーマルだと喉でウッとくるようなことがあるが、豚にぼはスルリと喉を抜けていく。非常に飲み易い。この旨味の海の中では、豚の臭みや煮干しのエグみなんかは感じない。麺は程良く縮れて、しっかりスープと絡まっている。具はチャーシュー・メンマに海苔。とはいえ、このラーメンの実質のチャーシューはこのスープだったりする(笑) 次が控えているのが分かっているのに、このスープを飲み干さないわけにはいかない。綺麗に平らげた。

 住所:奈良県大和郡山市上三橋町152-1 電話:0743-52-6440
 HP:http://www.muteppou.com/
 

まりお流ラーメン(奈良県奈良市)




 気まぐれ塩らーめん(735円) ★★★ 2007-163

 「唐招提寺参拝のついでにラーメン」第1弾。唐招提寺をたっぷりお参りした後、すぐ近くのまりお流ラーメンへ。昼1時半過ぎに到着。いつものようにご主人がカウンターのお客さんと話していたが、関西の著名なラヲタの方の名前が次々に登場して面白かった。いや、大きな声だったのでついつい聞こえてきた。こってり系を食べると次が厳しそうなので、気まぐれ塩らーめんを鶏で注文。程なくして、口が大きく開いた器が運ばれてくる。琥珀色に澄んだスープを飲めば、鶏系の柔らかな旨味が満ちている。店内には豚骨臭が充満しているというのに(笑) 更なるコクは貝類によるものか? 飲めば飲むほど、しみじみ体に染み入る美味さである。スープの中をゆったり泳ぐ太麺は、しっかと角の張ったもの。程好い噛み応えと肌の滑りで、スープとよく合っている。具はシンプルにチャーシュー・ネギ・メンマの組み合わせ。たっぷり乗った九条ネギは味も色も濃いめ。ローストビーフのようにやや赤みを帯びるチャーシューは、ロース肉(?)から程好く脂を落としたもの。肉本来の旨味を感じさせてくれる。もちろんスープまで綺麗にいただく。とかく濃厚なものや創作ものを見聞きするまりお流だが、あっさり系もいける。

 住所:奈良県奈良市尼辻町433-3 電話:0742-35-1102
 ホームページ:http://www.marioramen.com/
 

彩華ラーメン(奈良県天理市)




 サイカラーメン 大(750円) ★★ 2007-116

 「脱九ドライブで少しだけラーメン」第1弾。九州への経路が大阪までは名阪道経由なので、腹ごしらえに天理に立ち寄る。21時20分に天理ICを降り、オークワの駐車場に滑り込む。いつもの屋台が、そこにあった。タイミング良く、客の数は少なめ。(後からワラワラとやって来た) この先、九州までは無補給作戦なので、ここでがっつり食べておこう。ということで、大(2玉)を注文。程なく、洗面器のような口の広い器が運ばれてくる。久々のサイカとのご対面。食べる前に、まずはニンニクを大量に投下! スタミナをつけておかないと。あっさりめの動物系スープに醤油ベースだが、そこに白菜やニラの味がよく溶け、豆板醤とニンニクが味を添える。正直安っぽい味だと思うが、でもこれが好きだったりする。麺は細く縮れたもので、柔らかめの茹で加減。ズルズルと食べるのが相応しい。2玉なので食べゆく程に伸びる感じだが、それはもう折り込み済み。大量の白菜はサイカの証。ワシワシと掴んでは口の中に放り込む。少し肌寒かったので、白菜の温かさと歯応えが体に沁みる。で、豚肉は申し訳程度に入っている。いや、豚肉の欠片と言うべきか。ま、それは言うまい。思惑通り、大を食べれば腹一杯。体制を整えて、いざ、九州へと出発!
 
 住所:奈良県天理市別所町223番地(オークワ天理北店駐車場内)
 ホームページ:http://www.saikaramen.com/

 | HOME | 

カレンダー

10 | 2017-11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別件数

最近の記事

カテゴリー

コメント

トラックバック


プロフィール

はたけ

はたけ

名古屋流刑中の京都人です。当て所なく各地を歩いては、時々ラーメンを食べてます。気づけば、02年91杯、03年207杯、04年211杯、05年368杯、06年367杯、07年380杯、08年375杯食べてました。味音痴なのが致命傷で、このレポは全くもって役に立ちません。臨時更新&放置プレイをモットーにしていますので、気が向いた更新します。(現在gooブログからデータを移植中です。)