まにラーメン ver2

はたけの食べ歩きの記録です  ★★★★すごい美味かった!  ★★★美味かった  ★★普通かな  ★ごめんなさい

丸新(宮崎県都城市)




 らーめん(並)(500円) ★★ 2007-126

 「脱九ドライブで少しだけラーメン」第11弾。同じく都城市にあった丸新ラーメンの本店へ。ラーメン本によると創業40年超の老舗らしく、都城市内にも支店がある。西都城駅近くの住宅街の中に、やや造りの新しい店舗を見つける。店内に入れば、強烈なトンコツ臭。らーめん(並)を注文する。500円は安いなぁ。この臭いからして、さぞかし濃厚なスープの1杯が出てくるかと身構えていたら、出されたラーメン、真っ白なスープはさらさとしている。やや後味の塩気が気になるが、それでも豚骨の旨味が平たくじんわりと出ていて飲みやすい。鶏も使っているかな。微妙に焦がしネギの風味も加わっている。肌が真っ白な中太麺は、もっちり感が強くて美味い。このスープに、こういう麺もありだ。具はチャーシュー・モヤシにネギ。バラ肉のチャーシューもまた塩気が強い。最後はニンニクを投入して、スープの趣を変える。あ、白菜(?)のお漬物もさっぱりして美味かった。どちらかというと、鹿児島のラーメンに近いかも。

 住所:宮崎県都城市牟田町6-11 電話:0986-23-7273
 

きゃんね(宮崎県都城市)




 塩ら〜めん(630円) ★★ 2007-125

 「脱九ドライブで少しだけラーメン」第10弾。桜島を一回りしてから、昼過ぎに都城に入る。らーナビで調べると「麺’sら・ぱしゃ」があるようなので、その住所へと向かう。が、そこにあったのは「きゃんね」というラーメン屋だった。ここまで来て引き返すのもアレなんで、中に入る。明るい内装で、客層は若者から年輩の方まで幅広い。お品書きを見れば、「塩ら〜めん」「こってり塩ら〜めん」「和風肉塩ら〜めん」「塩とんこつら〜めん」と、塩ラーメンだらけ。宮崎で塩ラーメンがメインとは珍しい。ともかく、塩ら〜めんを注文。白ゴマがたっぷり浮くスープは、塩ダレがしっかりと利いて、なかなかに強い味。これに、焦がしネギ・大葉・白ゴマを交えれば、色んな味が楽しめる。梅干から出る塩気も面白い。麺は中太のストレートで、まずまずのもっちり感。具はチャーシュー・モヤシに梅干。大判のチャーシューは脂が抜けてさっぱり系の風味。最後は梅干を潰して、スープの味を変えて飲み干す。いや、宮崎でこれだけちゃんとした塩ラーメンが食べられるとは思っていなかった。この店の周りで風来軒やら他にも大型のラーメン屋を見かけたので、頑張って欲しいところ。

 住所:宮崎県都城市広原町15-7-1 電話:0986-26-1301
 

栄養軒(宮崎県宮崎市)




 ラーメン(500円) ★★ 2007-123

 「脱九ドライブで少しだけラーメン」第8弾。清武町から宮崎市内へ引き返し、宮崎神宮近くの栄養軒へ。実に4年ぶりの訪店。その時は宮崎駅から歩いていったが、今にして思えば、この距離をよく歩いたものだ。車をどこに停めるか難儀していたら、店員さんがマニアックな駐車場に誘導してくれて、傘まで貸してくれた。ありがたい。さすがは地元の人気店、22時前でも50以上ある席はほとんど埋まっている。今回もラーメンを注文。4年前から20円アップしている。厨房ではスタッフ数人がかりで大人数の杯をまとめて作る。タクアンと一緒にラーメンが登場。あ、レンゲがついてこないのね。スープはさらっとした風味柔らかな豚骨で、物足りなさを感じなくもないが、それだけに飲みやすい。スープ表面に浮く油(チャーシューの煮汁?)が風味をプラスしている。自家製という麺は、ほぼストレートで柔らかめの茹で加減。大人数分をまとめて作るので伸びたかな。ズルズルと食べる。具はチャーシュー・モヤシ・メンマにあさつき。メンマはチョコレートのように色が濃く、甘い仕立てになっている。チャーシューはそんなに強い味ではなく、スカらない程度に肉の味が残っている。かなり膨れた腹でも何とか食べられた。華やかさはないが、安心して食べられる味かな。

 住所:宮崎県宮崎市江平西2丁目1-6 電話:0985-22-7758
 

風来軒(宮崎県宮崎郡清武町)




 とんこつラーメン並盛(550円) ★★★ 2007-122

 「脱九ドライブで少しだけラーメン」第7弾。無鉄砲のルーツとされるお店。ムテ教信者としては、宮崎に来たからには寄らないわけにはいかない。地鶏料理で腹一杯になりつつも、清武町にある総本店を目指す。雨の中店を探し回り、21時過ぎにようやく辿り着く。広々とした店内で、40以上ありそうな席は半数近く埋まっていた。さすがは本店。メニューを見れば、とんこつ・しょうゆ・しお・みそ・辛味と多士済々。ムテの親とも言えるだけに、てっきりとんこつオンリーかと思っていた。もちろん、とんこつを注文。すぐに出てきた。なるほど、器といいビジュアルといい、ムテそっくりである。スープの色合いはやや薄めか。軽く粘度のあるスープを飲めば、豚骨の臭味はなく、至ってまろやか。さすがにムテ程のドロドロさはなく、背脂が少し浮いて飲みやすい。醤油ダレはやや甘めな感じである。麺は中細で軽く縮れたもの。スープとよく絡みつつ、麺自体の味がはっきりしている。具はチャーシュー・メンマ・ネギに海苔。メンマは薄作り。バラ肉ロールのチャーシューは脂がほどよく抜け、しっかりとした味。両手で器を持ち上げて、スープを飲み干す。なんか、聖地への巡礼を果たしたような気分。今度またムテを食べるのが楽しみになった。

 住所:宮崎県宮崎郡清武町加納甲1836-2 電話:0985-84-1620
 ホームページ:http://www.furaiken.co.jp/
 

 | HOME | 

カレンダー

02 | 2017-03 | 04
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別件数

最近の記事

カテゴリー

コメント

トラックバック


プロフィール

はたけ

はたけ

名古屋流刑中の京都人です。当て所なく各地を歩いては、時々ラーメンを食べてます。気づけば、02年91杯、03年207杯、04年211杯、05年368杯、06年367杯、07年380杯、08年375杯食べてました。味音痴なのが致命傷で、このレポは全くもって役に立ちません。臨時更新&放置プレイをモットーにしていますので、気が向いた更新します。(現在gooブログからデータを移植中です。)