まにラーメン ver2

はたけの食べ歩きの記録です  ★★★★すごい美味かった!  ★★★美味かった  ★★普通かな  ★ごめんなさい

ら・けいこ(名古屋市東区)




 ラーメン(650円) ★★★ 2006-095



 住所:名古屋市東区東片端町35 電話:052-962-6200
 

慈庵(名古屋市千種区)




 つけ麺(650円) ★★★ 2006-094

  

 住所:名古屋市千種区高見2-11-2
 

ら・けいこ(名古屋市東区)




 もりそば(650円) ★★★ 2006-093

 昼前に栄で所用を済ませると、ちょうど腹もこなれてきたか。ということで、東片端へと自転車を走らせ、先日ふられたばかりのら・けいこへ。禁断のら・けいこハシゴに挑戦してみようではないか。にじり口のような入口をくぐって中に入ると、店内は木をふんだんに使った小奇麗な作り。券売機で食券を買おうとするが、メニューが1種類しかない。食券を見ると、「半田コロナの湯」の文字が・・・ 席に座るなり「来るの遅い」とご主人に凄まれる。いや、先日来たんですけど、真っ暗で。そんなこんなしてると、爽やかにぬめちさんがご登場。そう言えば、ぬめちさんに初めて会ったのが白水だったので、何か妙な縁がある。初めてなのでラーメンを頼もうとしたら、ご主人の奨めでもりそばに変更になる。茹で上がって大ザルに揚げられる麺の量が明らかにおかしい。明らかに多い。4・5人前はあるのではないか。これを2人で食べよというのか。丼から溢れんばかりの麺。ご主人曰く、600gあるとのこと。果たして食べ切れるのか? 麺はやはり極太のものだが、栄のよりかは肌白である。そのせいか、凶悪さはさほど感じない。それでもハードな噛み応えで、顎が疲れて仕方ない。が、これだけの量でも食べさせる美味さを持っている。つけダレからは魚介の臭いが漂うが、味わってみれば甘くて濃くて、いかにもつけダレらしい。ぶよんぶよんと背脂が浮いているのも面白い。麺との馴染みも良い。さすがに麺を2/3位食べた頃からアップアップで、あとはもう惰性。最後は麺の欠片が残ったが、もう食べる気にはならなかった。もしハシゴでなかったら、何g食べられるだろうか? ともかく、ら・けいこのハシゴは危険ということで・・・

 住所:名古屋市東区東片端町35 電話:052-962-6200
 

ら・けいこ(名古屋市中区)




 中華そば(650円) ★★ 2006-092

 自転車で動き回るのに良い時期になったので、小一時間走って栄へ。10時前にら・けいこの前を通りかかると、ちょうどご主人が提灯を店の表にぶら下げていた。そう言えば、今年に入ってまだらけってなかったので、一番客で席に着く。10時とは言え、続々と男性客が入ってきた。さすが、ら・け。中華そばを肉・メンマ入りで注文。先人が楽しんだという生卵トッピングを私もやってみよう。熊、いや、ご主人が盛り付けて完成。4ヶ月ぶりのご対面。野菜を掻き分けて麺を引きずり出すと、いつもながら凶悪な極太麺。がっちりとした歯応え。今日のスープはタレが表立っていて、ややベースは弱いか。朝一だからだろうか。趣を変えて、麺を溶き玉子につけて食べてみる。醤油が効いているので、すき焼風になって面白い。麺に飽きたら野菜で口直し。キャベツがえらく甘く感じる。チャーシュー、というか肉の塊、タレがビシバシに効いていて、ちょっと辛めである。これも溶き玉子につけて食べると美味い。ニンニクが結構入っていたので、今日は一日息が臭そう・・・

 住所:愛知県名古屋市中区栄4丁目12-6 電話:052-242-0554
 

麺ば〜ず のんきや(名古屋市千種区)




 中華そば しょうゆ(700円) ★★ 2006-091



 住所:名古屋市千種区萱場2丁目2-1ハートインカヤバ 電話:052-711-5133
 

銀のくら(名古屋市東区)




 純みそらーめん(650円) ★★ 2006-090



 住所:名古屋市東区泉1丁目6-20ライフビル 電話:052-971-0084
 

華壱(愛知県豊明市)




 鶏そば(750円) ★★★ 2006-089

 春塩はまぐりそばを食べて店を出ようとした時、ご主人がとんでもないことを口走った。

 「今日は鶏がよくできたんですよ」

 くっ、なんという魅惑な言葉・・・ 食べようか、食べまいか、入り口の所で思い悩む。結局初志貫徹して晴レル屋へと向かうが、ご主人の言葉が耳から離れない。晴レル屋で食べている最中も気になって気になって仕方ない。いても立ってもいられず、晴レル屋を出た後、もと来た道を引き返した。9時40分に店に飛び込むと、ご主人が「どうしたんですか?」と驚いた顔。「鶏が・・ 鶏が気になって・・・」 暖簾を片付けに出てきた奥さんに、思いっきり笑われた。ええい、笑わば笑え。予定外の本日3杯目を注文。さあ、どれほどの出来か食べさせてもらおうじゃないですか。出されたのを見れば、見るからにスープが濃さそう。器を動かしても波立たない。一口飲めば、2ヶ月前に食べた鶏そばよりも明らかに濃くて、重たくて、コクが深い。臭みもなく、正しく鶏のストレート一本勝負。ご主人、言うだけのことはある(笑) 雨の中戻ってきて正解だった。あれ?麺が中細のストレートなものに変わっている。このスープには断然縮れたものがいい。鶏コク味噌の平麺でもいい。新しい今の麺はややカン水が強めとのこと。具には鶏チャーシュー、煮玉子、メンマ、ネギに海苔。メンマはいつものよりかは味は劣るが、煮玉子はベスト。3枚入った鶏チャーシューは表面に香辛料がびしっと効いて、皮の部分がウマウマ。肉も柔らかい。スープを飲みきると、さすがに腹が重たい。しかし、ご主人の誘いに乗って大正解であった。

 住所:愛知県豊明市西川町長田1-18  電話:0562-95-1331
 

晴レル屋(愛知県大府市)




 赤つけ(800円) ★★★ 2006-088

 1ヶ月ぶりに晴レル屋へ。今や押しも押されぬ超人気店なので、平日の雨の夜くらいしか待たずに食べられそうにない。9時前に着くと、目論見どおりカウンター席の半分近くが空いていた。その後、すぐに満席になったが。壁にはラーメン王青木さんのサインが飾られている。日曜日に来たようだ。3ヶ月ぶりに赤つけを注文。しばらく待って、つけダレと麺が登場。まずは麺から。箸であげるといかにも弾力がありそうで、口にすれば期待を裏切らぬ歯応えである。作業に余裕があったからか、締め具合もびっしりと文句なし。つけダレなしでも食べられそうなくらい風味も高い。さて、赤く輝く魅惑なつけダレ。以前ほどの辛さはないように思うが、スープに粘度とコクがアップしている。つけダレとしてうってつけである。どんどん麺が消えていく。惜しむらくは、つけダレの冷めが早かったことか。つけダレの中にはメンマと細くカットされたチャーシュー。チャーシューは脂が結構強かった。締めの雑炊に激しく心惹かれたが、華壱に引き返すので泣く泣く断念・・・ 来る度に味が進化しているので、次来る時がまた楽しみである。
 
 住所:愛知県大府市月見町1丁目297メゾンパラディー大府 電話:0562-47-5432
 ホームページ:http://www.k5.dion.ne.jp/~hareruya/
 

華壱(愛知県豊明市)




 春塩はまぐりそば(700円) ★★★ 2006-087

 禁断症状がついに出て、1ヶ月ぶりに華壱&晴レル屋の必殺コンボ。今日みたいな雨の夜だったら、待たずにいけるだろう。8時過ぎにお店に着くと、おお、なんとお客さんが1人もいない! めでたいのやら、めでたくないのやら。席に着いてメニューを眺めると、何やら見慣れないメニューが。そこには「春塩はまぐりそば」と記されていた。


 よっしゃあぁ、はまぐり ふっかーつ!!!


 去年の春に食べた名作のはまぐりが復活である。もちろんこれを注文。小鍋で蛤を熱してスープをとり、殻ごと器に盛り付けて完成。匂いは去年のより弱いかんじだが、スープには鮮やかに蛤の旨味が融けている。あっさりめのスープにコクを生み出していて、いくらでも飲めそうな美味さがある。ご主人曰く、「貝が去年よりも小粒で味が出てない」とのことだが、それでも美味い。麺はいつもの中細の縮れたもの。ソフトな口当たりである。具には蛤、煮玉子、穂先メンマにネギ。煮玉子の出来は抜群、穂先メンマはやや薬品臭いか。6粒も入った蛤は確かに去年より小粒だが、貝肉は柔らかく、もちろん砂もちゃんと抜いてある。貧乏臭くヒモまで食べてしまった。最後は添えられた柚子の皮を投入して、スープをすっきりとした味わいに変えて、最後の一滴まで飲み干した。蛤が更に大粒になれば楽しみ楽しみ。

 住所:愛知県豊明市西川町長田1-18  電話:0562-95-1331
 

翠蓮(名古屋市昭和区)




 醤油らぁめん(700円) ★★ 2006-086

 3月18日(土) 当初昨日までの予定であった冬味噌が今日までいけるとのことなので、上司に食べてもらうべく、連日の翠蓮へ。正午前に行くと、すでに満席になっている。ん? よく見ると職場の先輩夫婦が食べていた(笑) その隣には翠蓮好きのラヲタな方もいらっしゃる。しばらく待って着席。つけ麺でも頼もうかと思ったが、平日限定だったので超久々ぶりに醤油らぁめんを注文。去年の1月以来か。しばらく待って、いつもの器で醤油らぁめんが登場。早速スープから甲殻類系の臭いが流れてくる。以前はこの手の臭いが不得手だったのが、今では香しく感じる。

 住所:名古屋市昭和区花見通3-11ハートイン杁中1A 電話:052-833-0572
 ホームページ:http://www.suilen.com/
 

翠蓮(名古屋市昭和区)




 ごま辛醤油(800円) ★★ 2006-085

 3月17日(金)、今日も友人を連れて昼時に翠蓮へ。辛うじて2席空いていた。ラッキー。冬味噌が今日までなのだが、すでに2回食べているので、今日は4ヶ月ぶりにごま辛醤油を注文する。待つことしばし。いつもの背の高い器にラーメンが登場。スープがドス赤い。またあの攻撃的な辛さに攻められるのかと期待してスープを口にしたら、・・・、あれ?軽いぞ・・・ 翠蓮らしい複雑な辛さは健在なのだが、前回ほどの刺す様な破壊力はない。(後になって思い出したが、前回は「辛め」でと注文していた) ま、これでも十分美味いのだが。辛さとスープの調和が楽しい。麺は中太のモチモチしたものだが、今日は麺に妙な滑りを感じる。そのうち気にならなくなった。具はチャーシュー、メンマに豆苗。極太のメンマは良い歯応え。チャーシューは珍しく細くカットされている。いつもよりかは固めだが、肉気たっぷりで美味い。今年これで7回目の翠蓮なので、そろそろ食べるのがなくなってきた・・・

 住所:名古屋市昭和区花見通3-11ハートイン杁中1A 電話:052-833-0572
 ホームページ:http://www.suilen.com/
 

一番軒(名古屋市名東区)




 ワンタンメン(700円) ★★★ 2006-084

 雨が強く降っていたので、近場で済まそうと1年半振りに一番軒へ。夜9時半に店に着くと、こんな雨の日でも満席。いつもながら店員さんは体育会系のノリで、怒号にも似た声が飛び交っている。初めてこの店に来る人は驚くかも。たまには違ったものを食べようと思い、ワンタンメンをバリカタで注文。スープは綺麗な乳白色で、見るからに美味そう。飲んでみると豚の臭味もなく旨味満点で、それでいてマイルドマイルド。自然とレンゲが上下する。博多っぽい細麺は思ったよりも柔らかい茹で上がり。もちゃっとした食感は今一つ好みのタイプではない。チャーシューはやや固めだが、その分噛み応えがあって旨味が染み出てくる。さて、4枚入ったワンタン。皮が想像以上に厚くてモチモチ。肉の餡も香ばしくて不思議な味わい。ワンタンメンにして正解だったと強く思う。そう言えば、ニンニクをお願いするのを忘れていた・・・ あぁ、もったいない。

 住所:名古屋市名東区猪子石原1丁目1303 電話:052-772-9393
 

福家(名古屋市千種区)




 コーチン白湯(塩)(750円) ★★ 2006-083

 いつもの昼飯仲間がイベントで出払っていたので、久々に福家まで食べに出ることにする。正午前に入ると、ほとんどの席が埋まっている。結構な賑わいだと思うが、頼むから禁煙にしてくれ。煙たくて仕方ない。無性に鶏白湯が食べたくなったので、ほぼ1年ぶりにコーチン白湯(塩)を注文。少し待って注文の品が運ばれてくる。スープの表面はタイチーマークのように1/3が魚粉で茶色く染まっている。1年前の写真がないので比較できないが、はて、こんな仕様だったか? スープを飲めば、思いの他さらっとした鶏の白湯スープに魚粉の臭いがかなり強く香り、白湯(塩)というよりはむしろ白湯(魚)といった感じ。表面の魚粉がなくなってくるにつれ、鶏の風味が顔を覗かせてくる。肌白でやや中太の麺は、もちりとした食感で、スープとの組み合わせも合っている。具はチャーシュー・メンマ・煮玉子・水菜。ラーメンには珍しいトッピングの水菜はシャキシャキとした食感。煮玉子はオレンジ色の黄身がこぼれるかこぼれない具合に仕上がっている。チャーシューは小作りのものが数枚入っているが、もっとボリュームが欲しいところ。スープを飲み干せば見られる丼底占いは?吉。丼使い込んで、文字がかすれて読めやしない。ま、近場で手堅く食べられる店ということで。

 (2006年閉店)

 住所:名古屋市千種区井上町77大峯ビル 電話:052-783-8731
 

チャイナポート(名古屋市天白区)




 手もみラーメン(700円) ★★ 2006-082

 去年5月にかもねぎさんと行って以来のチャイナポート。昼2時前に店に入ると、この店独特の臭いがもわっと立ち込めている。先客は数組あり。以前から全然変わらないメニューだが、とりあえずデフォルトの手もみラーメンを注文。新メニューのラーメンが欲しいと思うが、グループ経営の店だから難しいか。さほど待たずにラーメンが登場。スープは鶏・豚をベースにした、あっさりかつじんわりした風味。以前よりかは刺激が強いか。やっぱりアサリの風味は乏しい。アサリスープと言われないと、アサリが使われているように感じない。麺は中太のやや縮れたもので、不揃いな感じが文字通り手もみっぽい。スープとよく馴染んでいて美味い。さて、ここの名物(だと勝手に思っている)真っ白なメンマ。味は薄いが、他ではない柔らかさとシコシコとした歯応え。3枚入った肩ロースのチャーシュー。小作りだが味わいがあって、縁の部分も香ばしい。最後はリンゴ酢を咽るくらいに投入してスープを飲み干す。安心できる1杯だが、やはり物足りなさもついて廻る。

 住所:名古屋市天白区植田山4丁目201 電話:052-831-5616
 ホームページ:http://www.nyan-nyan.co.jp/chipoy/chipoy.htm
 

翠蓮(名古屋市昭和区)




 坦々麺(880円) ★★★ 2006-081

 3月9日(木)、職場の先輩3人を連れて、今日も昼食求めて翠蓮へとGO! 喜々として入口を開けると、ぐおっ、満席で待ち客もいるじゃないですか! 昼食時で待たされるのは初めてかも知れない。よく見れば、食べている人の中にご高名なラヲタの方がいらっしゃった。少し待って、4人着席。揃いも揃って坦々麺を注文。ここの坦々麺は昨年末に初めて食べて、「こんな坦々麺ありか!?」と坦々麺のイメージを変えさせられた逸品である。注文した後になって、先輩の1人はゴマが、もう1人は辛いのが苦手ということが発覚した(苦笑) 少し待って、彩り豊かな坦々麺が出される。ゴマの香り高いスープを飲めば、辛さは控えめに、むしろそれを上回る甘みと旨味を感じる。この味のハーモニーは凄いの一言。微妙ながら前回よりかは軽く感じたが。中太のもっちり麺はこのスープとよく絡む。それでいてスープ負けしていない。不意に口の中に入ってくるナッツが良いアクセントなる。お決まりの豆苗。中央に盛られたミンチは濃厚な味でそのままでも美味いが、スープに溶けていくと徐々にスープの味が深みを増していき、これがまた乙。これにご飯をぶち込んだら、絶対に美味いだろうな。うん、絶対に美味い。

 住所:名古屋市昭和区花見通3-11ハートイン杁中1A 電話:052-833-0572
 ホームページ:http://www.suilen.com/
 

ありがた屋(名古屋市千種区)




 つけめん(750円) ★★★ 2006-080

 
 (2006年移転)

 住所:愛知県名古屋市千種区池下1丁目3-11
 

慈庵(名古屋市千種区)




 中華そば 味噌(780円) ★★★ 2006-079



 住所:名古屋市千種区高見2-11-2
 

北京本店(愛知県安城市)




 新台湾麺 【G】容赦なし(550円) ★★ 2006-078

 3月7日(火)4杯目。玉響からの帰りの道中、三河安城駅近くの北京本店に立ち寄る。店内は家族連れやサラリーマンで賑わっている。カウンター席に座ると、そこは若い店主の鍋捌きを真ん前で見られるベストポジション。クラシカルな丸椅子がキィキィと味わいのある音を鳴らす。今日はここで打ち止めの予定なので、何が出てきたって構わない。昨年末に食べた新台湾麺をはるかに辛くした、その名も【G】を容赦無しヴァージョンで注文する。待つことしばし。ご主人兄弟(?)の見事な連携プレイで新台湾麺が完成。運ばれてくるなり、その赤さに驚き、そして笑う。前回よりも確かに赤い。タカノツメが表面を埋め尽くしている。涙ながらに「きついよ」とご主人が言う。恐る恐るスープを一口飲めば、口・鼻・耳・目から蒸気が噴き出しそうなくらいに辛い。辛いといったもんじゃない。これは劇物だ。スープを飲むたびに咽せかえる。鶏ベースのスープの旨さも、この辛さの前では霞んでしまう。それでもレンゲを動かす。中細のストレート麺が辛さの箸休めになる。ミンチもすっかり辛さに染まっているが、これはこれで美味い。この辛さではやわやわのニンニクでも甘く感じる。辛うじて食べ切ると、器の中には50本近いタカノツメが残されていた。さすがにこれを食べるのは無理。箸を置くと、汗と涙と鼻水が流れ落ちていた・・・ き、きつかった・・・

 住所:愛知県安城市箕輪町新芳畔96-1 電話:0566-75-0230
 

玉響(愛知県高浜市)




 竹燻製麺(600円) ★★★ 2006-077



 住所:愛知県高浜市神明町1丁目13-11  電話:0566-53-8772
 

俺の夢(愛知県刈谷市)




 豚骨塩ラーメン(600円) ★★ 2006-076



 住所:愛知県刈谷市桜町1丁目20 電話:0566-63-6838
 

 | HOME |  »

カレンダー

02 | 2006-03 | 04
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別件数

最近の記事

カテゴリー

コメント

トラックバック


プロフィール

はたけ

はたけ

名古屋流刑中の京都人です。当て所なく各地を歩いては、時々ラーメンを食べてます。気づけば、02年91杯、03年207杯、04年211杯、05年368杯、06年367杯、07年380杯、08年375杯食べてました。味音痴なのが致命傷で、このレポは全くもって役に立ちません。臨時更新&放置プレイをモットーにしていますので、気が向いた更新します。(現在gooブログからデータを移植中です。)