まにラーメン ver2

はたけの食べ歩きの記録です  ★★★★すごい美味かった!  ★★★美味かった  ★★普通かな  ★ごめんなさい

むさし坊(仙台市青葉区)




 白湯味噌つけ麺(700円) ★★★ 2006-300 

 仙台3軒目の柳家で轟沈し、4杯目はもはや不可能と思われた。が、そこは気力を振り絞って再びむさし坊へ向かう。4時間ぶりの訪店。さっき気になっていた白湯味噌つけ麺を注文する。一度茹でた麺を水でしめて、今度は白湯のスープで煮込むという手の込みよう。先に薬味が渡されると、後れて麺・つけタレが登場。素味の白湯スープの中を中太の麺が泳ぐ。先程と同じ麺か、弾力があって風味が良い。つけタレからは仙台味噌の芳醇な香りが漂う。仙台味噌は辛味があると聞くが、辛さは感じない。むしろ、まろやかな風味。そこに焼きネギやらミンチの旨味が混じり合い、これ単品でも美味い。麺をくぐらせると、味噌カスが大量にまとわりついてくる。ここに薬味の塩やラー油のカス(ラー油を作る際に出た唐辛子のカス)を絡めると、更に風味が引き立つ。この取り合わせ、巧くて、美味い。白湯スープの中には鶏肉。素っ気無い味だが、身が柔らかくて、これはこれで納得の味。腹がきつくても、食べ切らせる美味さを持った1品。むさし坊、関西か名古屋にも来てくれ〜!

 住所:仙台市青葉区国分町1丁目6-1ルナパーク一番町ビル 電話:022-212-1626
 

むさし坊(仙台市青葉区)




 太麺むさし坊らー麺(680円) ★★★ 2006-297

 仙台での仕事も夕方には解放される。そうとなれば、いざむさし坊へ。仕事仲間の笑い声を背中に聞きながら、アーケード街をダッシュ。約1年ぶりの訪問である。夕方5時前という中途半端な時間なので、先客は数えるほど。やっぱりまずはデフォルトのむさし坊らー麺を注文。最初は細麺のつもりだったが、急遽太麺に変更。しばらく待って、注文の品が登場する。綺麗に白濁したスープ。見た目どおり鶏白湯ながら、こってり感はなくむしろ飲みやすい。無化調ということだが、味がしっかりしていて純粋な鶏の風味が口の中に残る。焦がしネギを交えれば、風合いが変わってまた楽し。麺は中太でやや平打ちのもの。口当たりが滑らかで、舌の上を麺が踊る。さっぱりとした味わい。メンマの代わりに使われているのがイモガラ(サトイモの茎を干したもの)。ぺらっと柔らかいのだが(良い意味で)筋があり、独特な食感と噛み応え。クコの実は甘酸っぱさがアクセントになる。鶏チャーシューは持ち上げると崩れる程の柔らかさでジューシー。これ、本当に鶏か? 最初はお奨めどおり途中で塩コブを入れて風味を変えるつもりであったが、それを忘れて一気に食べてしまう程美味かった。この後の行動で余裕があれば、もう一度寄ろう。

 住所:仙台市青葉区国分町1丁目6-1ルナパーク一番町ビル 電話:022-212-1626
 

雫(東京都福生市)




 鶏の雫(650円) ★★★★ 2006-282

 夜、中央線・青梅線と電車を乗り継いで福生へ。雫へ。スープ切れで終わってやしないかドキドキしながら店を探す。あった! 営業していた! 勢い良く中に入る。L字カウンターのコンパクトな店の作り。日替わりのラーメンということで、今日は「鶏の雫」が食べられる。期待して待つことしばし、目の前に置かれた1杯は、見るからに濃厚そうなスープで食欲をそそる。たまらずレンゲを突っ込めば、ズブズブと沈む。さながらポタージュ。口にふくめば、トリ・トリ・トリ。圧倒的に鶏。程好く塩気が利いて、鶏の旨味がこれでもかと出ている。一誠の鶏白湯以来のディープインパクト。こんな鶏白湯が食べたかった。麺は平打ちで太く、モチモチとした食感。スープをよくまとわりつかせて、それでいてスープに負けない旨味。具は鶏チャーシュー、メンマ、青ネギ。丸い鶏チャーシューはスモークされていて、口に入れると旨味と香ばしさが同時に拡がる。細メンマはシンプルな味わい。鶏星人にはたまらない、理想的な鶏白湯に出会えて、幸せ一杯である。

 住所:東京都福生市大字福生1043-1 電話:042-553-3941
 

斑鳩(東京都千代田区)




 和風塩らー麺(700円) ★★★ 2006-281

 今日は飯田橋で所用。ということで、昼飯は斑鳩へ。11時40分に着けば、げ、すでに20人超の行列! 並んだ後も、どんどん続いていく。20分近く待って、ようやく席に着く。店員さんの応対がソフトかつ丁寧で、相変わらず店長の笑顔が良い(爆) この1週間で新作が4作投入されるとのことで、今日から登場の和風塩らー麺を注文。しばらく待って、目の前に置かれる。写真を撮ろうとしたら「ありがとうございます」と返された。こんな所、他にない。やんわりと香る魚ダシ。旨味がよく出た魚ダシに、決してしょっぱくはないが、塩気が力強く出ていて美味い。一気にスープを飲みすぎて、麺やらが干上がってきた。麺は極細ストレートの肌白のもの。微妙に口の中でもちゃつく感じだが、許容範囲。結構量が多い。具はチャーシュー・メンマ・大葉・海苔にネギをトッピング。メンマは柔らかで独特の風味。チャーシューは少し脂が残るがあっさり目の味付け。大葉が和風感を更に引き立てる。昼休み終了の時間が迫っていたが、残すわけにはいかない。綺麗に完食。他の新作はどんなんだろうか?と、後ろ髪を引かれて店を出た。

 住所:東京都千代田区九段北1丁目9-12 電話:03-3239-2622
 ホームページ:http://emen.jp/ikaruga/
 

一蘭(東京台東区)




 ラーメン(750円) ★★ 2006-280

 ムーンライトながらで早朝東京入り。そのまま、朝ラー求めて上野駅の一蘭アトレ上野山下口店へ。うーむ、このワンパターンも何とかせねば。朝5時でもライン2列はほぼ満席の状態。朝ということで、「こってり度」はあっさりで、「秘伝のタレ」は1/2で注文する。暖簾の下から厨房の様子が少し見えたが、良く出来たマニュアルだこと。少し待って、ラーメンが運ばれてくる。豚骨スープには臭みもなく、注文どおりこってり感は控え目。早朝の空腹でもすんなり飲める。徐々に秘伝のタレを溶かして、風味をピリ辛にする。麺は極細のストレートで、さっぱりした口当たり。今回は青ネギにしたので、やはりネギ臭さはある。チャーシューは程好く脂が抜けて、プリプリとした食感。いつもながらはずしはしないのだが、750円の値段にしては物足りなさがあるのも事実。

 住所:東京都台東区上野7丁目1-1 電話:03-5826-5861
 ホームページ:http://www.ichiran.co.jp/pc/hp/tenpo/tenpo/ueno.html
 

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2006-10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別件数

最近の記事

カテゴリー

コメント

トラックバック


プロフィール

はたけ

はたけ

名古屋流刑中の京都人です。当て所なく各地を歩いては、時々ラーメンを食べてます。気づけば、02年91杯、03年207杯、04年211杯、05年368杯、06年367杯、07年380杯、08年375杯食べてました。味音痴なのが致命傷で、このレポは全くもって役に立ちません。臨時更新&放置プレイをモットーにしていますので、気が向いた更新します。(現在gooブログからデータを移植中です。)