まにラーメン ver2

はたけの食べ歩きの記録です  ★★★★すごい美味かった!  ★★★美味かった  ★★普通かな  ★ごめんなさい

ぎんや(名古屋市北区)




 汐そば(650円) ★★★★ 2007-003

 臺大からの帰り道、行列覚悟でぎんやへ。11時半過ぎに着けば、予想通り10人近い行列が店外に続いている。回転は早かろう、と見込んでいたら、なかなか1番客が出てこない。1番客はカップルか家族連れだろうか。12時になってようやく出てきた。見れば、その筋では顔の知られた方で、やはりカップルでお見えあった(笑) 2番客もその筋の有名人で、皆考えることは同じのようである。つい先月に豚そば・つけそば・グリーンカレーを食べていたので、今日は汐そばを注文。これに無料券で半熟煮玉子をトッピング。庭、いや、ご主人の鮮やかな手捌きで、さほど待たずに汐そばが登場。手渡されたそばから香しい。澄み切ったスープには魚介系の旨味がじんわりと、ぎっしりと詰まっていて、脂とタマネギが旨味を引き立てる。極細の麺は程良い茹で加減で、伸びる前に一気に啜る。具にはチャーシュー・穂先メンマ・水菜に半熟煮玉子。今日のチャーシューは非常に柔らかで、かと言って脂のしつこさはない。水菜はシャキシャキとして良いアクセント。穂先メンマも柔らかで独特な歯応え。半熟煮玉子は紛うことなく黄身がトロトロ。折角なので残ったスープをご飯にかけてみる。なんか、昔実家で食べたお吸い物の雑炊を思い出させる懐かしい味になった。残ったスープも飲み切れば、自然と唸る1杯。今年も何度もお世話になりそう。

 住所:名古屋市北区金城町2丁目57-1 電話:052-991-1061
 

臺大(名古屋市西区)




 極盛 臺黒麺・特魚(冬)(980円) ★★★ 2007-002
 
 所要で10時前に下宿を出たので、そのまま一気に臺大まで。が、道があまりにも空いていたので、10時半に店に着いてしまった。店の前の駐車場で待っていると、怪しいと思ったか、ご主人が出てきた。スイマセン、こんなんが今年の1番客で。そうこうして、11時よりも早く店に入れてもらう。何やら新メニューが登場したのというので、券売機でそのメニューを探す。「極盛 臺黒麺・特魚(冬)」って、覚え辛い名前だなぁ(笑) 作るのに時間がかかるということで、カウンター席に座っていつものようにご主人と話し込む。これもこの店の楽しみの1つ。手間隙かかった1品が順々に手渡される。ザルに盛られた太麺は黒ずんで蕎麦のような肌色。ツルツルとした滑りには乏しいが、その分歯応えが凄い。口の中を麺が弾けるように踊る。風味も豊潤。大きな器に入ったつけタレ、豚骨ベースに魚介系がこれでもかと利いている。それもそのはず、つけタレに麺をくぐらせれば、魚粉やら干し海老がわんさかと付いてくる。これは反則気味(笑) といって、くどさも辛さもないので、スープ割りをしなくても、そのまま飲めた。別皿には具が10種盛られている。とろろ・ネギ・モヤシ・大葉・揚げ・オクラ・チャーシュー・煮込軟骨チャーシュー・海苔にオレンジ。これらを麺の合間に、または麺に絡めて食べればまた美味い。煮込軟骨チャーシュー、トロっとゼリー化した軟骨部が堪らない。麺は280gもあるということだが、それでもまだ食べたいと思わせる1品。楽しかった。

 住所:名古屋市西区中小田井3丁目390 電話:090-8078-1125
  

 | HOME | 

カレンダー

12 | 2007-01 | 02
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別件数

最近の記事

カテゴリー

コメント

トラックバック


プロフィール

はたけ

はたけ

名古屋流刑中の京都人です。当て所なく各地を歩いては、時々ラーメンを食べてます。気づけば、02年91杯、03年207杯、04年211杯、05年368杯、06年367杯、07年380杯、08年375杯食べてました。味音痴なのが致命傷で、このレポは全くもって役に立ちません。臨時更新&放置プレイをモットーにしていますので、気が向いた更新します。(現在gooブログからデータを移植中です。)