まにラーメン ver2

はたけの食べ歩きの記録です  ★★★★すごい美味かった!  ★★★美味かった  ★★普通かな  ★ごめんなさい

獅子吼(名古屋市北区)




 男らーめん(930円) ★★★ 2007-105

 安城から大府へ向かったら、晴レル屋は定休日だった・・・_| ̄|○

 鶴舞の一刻屋に入ったら、濃厚味噌そばは売り切れだった・・・_| ̄|○
 
 大曽根の獅子吼に入ったら、奥さんはいなかった・・・_| ̄|○


 なんか、不幸続きである・・・ 晴レル屋・一刻屋でありつけなかったので、獅子吼ではがっつり食べよう。ということで、先日ご主人から連絡を貰っていた新作・男らーめんを頼むことに。あ、いつの間にか券売機が入っている。東京のぽっぽ屋に感動して、作ってみたという男らーめん。麺が茹で上がるのに時間がかかる。その分楽しみも増すというもの。モヤシを、チャーシューを、胡椒をたっぷり乗せて完成。器の縁にわずかに見えるスープは白く濁っていて、その正体は多量の背脂である。ベースのスープはいつものあっさりしたものだが、これに背脂と細かく砕かれたニンニクが加われば、摩訶不思議な美味さを秘める。タレは味噌とも醤油とも。ノーマルな味も知っているだけに、このギャップは面白い。平打ちの太麺はウネウネと縮れ、いかにも美味そう。噛むのに幾らか力を要するくらいにモチリとした歯応えで、存在感が抜群である。スープをよく纏わりつかせ、なおかつ麺自身の味もしっかりしている。なんか、ら・けいこを食っているような気分になってきた(笑) ドーンと盛られたモヤシ、大量なのは嬉しいが、大量すぎてスープが薄まっているのは残念か。5枚乗っけられたチャーシューは、タレと肉の旨味をぎゅっと詰め込んだもので、やっぱり美味い。背脂入りであっても、スープ最後の1滴まで飲み干す。これまでの獅子吼のラーメンとは好対照の新機軸で、面白くて美味かった。男らーめん、その名は伊達じゃない。もっとハードでも可。
 
 住所:名古屋市北区平安1丁目10-26 SIERRAOZONR1F 電話:052-991-1113
 ホームページ:http://shishi-ku.com/
 

北京本店(愛知県安城市)




 新台湾麺(550円) ★★★ 2007-104

 青春18きっぷが今日まで使えるので、仕事を終えてからちょいと安城の北京本店まで。20時過ぎなら仕事帰りのサラリーマンで混んでいるかと思いきや、先客は数えるほど。あら、拍子抜け。カウンターの丸椅子に座れば、キィキィとクラシカルな音が響く。厨房のイケメン店主に裏メヌーの海鮮汁そばをお願いしたら、「ないよ」と一蹴される。なので、手堅く新台湾麺を注文。いつもタカノツメを大量に入れられて劇物(通称【G】)と化しているので、今日はデフォルトの辛さでお願いする。然程待たずに新台湾麺、完成。小振りな器にぎっしりと具材が詰まっている。濁ったスープを飲めば、おお、鶏の旨味がよく出ているじゃないですか。いつもの【G】だと辛くて痛いので気づかなかったが、秘かにスープが美味い。ここにタカノツメの刺激的な辛さやニンニクの野太い味が加わり、非常にコクとキレがあるものとなる。ストレートの丸麺は存外モチリとした食感で、噛み応え良し。ズルズルと口の中へ吸い込まれていく。大量のミンチは硬すぎず柔らかすぎず、良い味をスープにもたらしている。ニラは良い意味で青臭く、多量に浮かぶニンニクも箸で崩せるほどに軟らかい。タカノツメまで含めて、最後まで食べきる。ほろ酔い状態(ここに来るまでにビール500ml飲んできた)で食べると、どの味も濃く刺激的に感じ、驚く程に美味かった。この組み合わせ、最強かも。

 住所:愛知県安城市箕輪町新芳畔96-1 電話:0566-75-0230
 

 | HOME | 

カレンダー

03 | 2007-04 | 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別件数

最近の記事

カテゴリー

コメント

トラックバック


プロフィール

はたけ

はたけ

名古屋流刑中の京都人です。当て所なく各地を歩いては、時々ラーメンを食べてます。気づけば、02年91杯、03年207杯、04年211杯、05年368杯、06年367杯、07年380杯、08年375杯食べてました。味音痴なのが致命傷で、このレポは全くもって役に立ちません。臨時更新&放置プレイをモットーにしていますので、気が向いた更新します。(現在gooブログからデータを移植中です。)