まにラーメン ver2

はたけの食べ歩きの記録です  ★★★★すごい美味かった!  ★★★美味かった  ★★普通かな  ★ごめんなさい

ぎんや(名古屋市北区)




 つけそば(680円) ★★★ 2007-110

 北区プチツアーの締めは、無論勿論ぎんや。21時半前に着けば先客は3人だけ。あら、珍しいこともあるもんだ。ご主人の「いらっしゃいませ」の声には、遅い時間でも張りがある。ちゃんと客の方を向いて言うのも良い。(最近客の姿を見ずに声だけ出している店が増えているような気がする) 今年に入ってまだつけそばを食べていなかったので、これを注文。待っている間に続々とお客が入ってきた。ぎんやはやっぱりこうでないと。久々のつけそば。肌白の麺はうっすらと縁が透けて、ミルフィーユのような層を作っている。これを啜れば、水気が低くて口にひっかかる感はあるが、その分芯にしっかりとコシがあり、見た目以上に屈強な麺である。で、噛む程に爽やかな小麦の風味がこぼれ出す。強いて言えば、麺同士がくっつき易いのが難点か。これであつ盛りにしたら更にくっつくかも(笑) つけタレの表層は重たい感じのする甘酸っぱさが漂うが、その奥底には旨味ぎっしりの魚介豚骨のスープが控えている。粘度は然程ないが、それでもしっかりと旨味を湛えていて、麺の味を引き立てている。いつもの穂先メンマは独特の柔らかさ。表面に焦げ目のついたチャーシューはしっかりとした歯応えである。つけタレをそのまま飲み干して、今晩3杯目でもしっかり完食。6月からのつけ麺大盛企画、ご主人曰く「何g(kg)でもOK」とのこと。さて、最高何gが出るやら。

 住所:名古屋市北区金城町2丁目57-1 電話:052-991-1061
 

唐変木(名古屋市北区)




 塩らーめん(600円) ★★ 2007-109

 松川さんの所から車を走らせ、久々に唐変木へ。実に2年弱ぶりの訪店。店表の灯りがあまりにも暗かったので、潰れてしまったのかと思った。中に入れば、相変わらずの煤汚れたというか、趣きあるというか、年季を感じさせる壁や机椅子。厨房では髪をビシッと決めたご主人が小気味良く作業している。ここのセット、+200円しただけでライス・唐揚・サラダがついてくるのだから凄い。それを今日はご主人が1人でやっていたのも大したもの。さて、自分は塩らーめんを注文。いつものように梅干を添えて出される。僅かに濁りのあるスープは動物系と野菜からじっくり煮出したと見えて、これに魚介が加わってか、まろやかで落ち着きのある風味。塩気はそんなに感じない。ただ、やっぱり味が1枚足りないような気がする。醤油タレがあってこそ、かも。麺は中細のやや縮れが加わったもので、表面にややぬめりがあるのが気になる。ソフトな口当たりで、スープとよく合っている。具にはチャーシュー・メンマ・ネギ・ワカメにアサリ。平たいメンマは柔らかく甘く仕上げられていて、ネギは青白ともシャキリと歯応え良し。チャーシューにはしっかりとタレと肉の味が乗っている。最後、アサリと梅干を食べて、ごちそうさまでした。これで600円なら御の字も御の字。お店の(良い意味での)唐変木っぷりを改めて感じた1杯。これからもこのスタイルを貫いて欲しい。

 住所:名古屋市北区辻町2丁目33-3サンシャイン辻町E1A 電話:052-981-0629
 

松川屋(名古屋市北区)




 もりそば(700円) ★★★ 2007-108

 以前光泉にいた松川さんが店を出したと聞くが、仕事多忙につき全然行くことが出来なかった。ようやく一段落つき、今晩上飯田へと向かう。某店の駐車場に車を停め(ゴメンナサイ!)、お店へと駆ける。松川さんと久々の対面。光泉の頃には色々とお世話になった。奥に座敷まである店は元は居酒屋で、30席近くあるとのこと。客の入りはぼちぼちか。少し迷って、もりそばを注文。光泉の頃と同じく、つけタレは鉄器で合わせて火にかける。で、つけタレが先に置かれてから茹で上がった麺の水締めに取り掛かる。できれば双方仕上がりのタイミングを揃えて欲しいなぁ。久々に食べる松川さんの自家製麺。幅3mmはあろうかという太麺で、長さも40cmと長めである。表面の潤いが至って豊かで、チュルチュルと滑るように麺が吸い込まれていく。噛めば弾き返すようなコシがあり、小麦の風味が止め処なく滲み出てくる。光泉の時よりも洗練されているような気がする。玄関前に衣装ケース(?)の中で寝かせているのはご愛敬。つけタレは見た目どおり、すっかり醤油の味に染まっている。そこに酸味が利いて、魚の風味はかなり弱め。つけタレの中にはメンマとチャーシュー。メンマは脳天まで歯応えが響くような極太もの。大判のバラ肉チャーシューは堅めに作られている。このあたりも光泉を偲ばせる。最後はつけタレにダシを加えて温め直し、スープ割りに。今度はかなりさっぱりした風味になった。光泉の、いや、松川さんのつけ麺がまた食べられて良かった。

 住所:名古屋市北区上飯田通1-19
 

 | HOME | 

カレンダー

03 | 2007-04 | 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別件数

最近の記事

カテゴリー

コメント

トラックバック


プロフィール

はたけ

はたけ

名古屋流刑中の京都人です。当て所なく各地を歩いては、時々ラーメンを食べてます。気づけば、02年91杯、03年207杯、04年211杯、05年368杯、06年367杯、07年380杯、08年375杯食べてました。味音痴なのが致命傷で、このレポは全くもって役に立ちません。臨時更新&放置プレイをモットーにしていますので、気が向いた更新します。(現在gooブログからデータを移植中です。)