まにラーメン ver2

はたけの食べ歩きの記録です  ★★★★すごい美味かった!  ★★★美味かった  ★★普通かな  ★ごめんなさい

一信(大阪市此花区)




 つけそば(900円) ★★★★ 2007-182

 「大阪ゴールデンコースツアー」第2弾。弥七で食べ終えると、関西ラヲタ界にその名を馳せるK師匠がご登場。ご一緒していただいて、此花区の一信へと向かう。的確なナビゲーションで全く迷わずに店の前まで着くことができた。繁華街から離れているということで、知っている人だけが訪れそうな佇まいである。K師匠がいたので、すんなりご主人と挨拶できた。夏季限定のつけそばがあるというので、迷わずこれを注文する。作業するご主人の顔は真剣そのもの。やがてお盆に乗せられて、つけそばが登場。褐色の麺の艶やかさに目を奪われる。早速麺だけを啜れば、麺が口の中に入った瞬間から黒小麦独特のやや重みのある風味が伝ってきた。中細麺の肌には潤いがあり、よく締まって噛み応えもしっかり。そばに似た麺というと京都の高倉二条を思い出すが、高倉二条の麺には妙にボソボソ感があって、つけ麺の麺としては昇華しきれてなかったのに比べ、見事なまでに黒小麦を活かした麺とならしめている。白ネギがたっぷり浮いたつけダレは、甘さや酸っぱさには頼らず、豚・鶏の動物系といりこのダシがよく効いた、妙に懐かしさを感じる味。ふと、秋田で食べた料理の味が頭を過ぎった。麺との相性も文句なし。麺をどっぷりつけるも良し、半分までつけて食べるも良し、である。別皿にはチャーシュー・味玉・小松菜、そして、にこごり。小松菜は茎の歯応えが楽しく、チャーシューは脂はほどほどに、素材の旨味をそのまま引き出している。にこごりにはスープの、とりわけ魚出汁の旨味が詰まっていて、口の中に入ったそばから風味が溶けてきた。美味い! 最後まで飽きることなく、つけダレも割らずにそのまま飲み干して完食。ご主人の拘りをヒシヒシと感じさせる逸品であった。

 住所:大阪市此花区春日出中2丁目14-23マンション住田 電話:06-6460-8566
 

弥七(大阪市北区)




 とりおろしそば(850円) ★★★★ 2007-181

 「大阪ゴールデンコースツアー」第1弾。某有名店主S氏のリクエストにお答えして、今日は(も)大阪遠征。渋滞にも覆面パトにも捕まらず、予定通り10時半に弥七に到着。もちろん1番乗りである。店の前で待っていると、ユニークな髪型のご主人が出てきたので、ご挨拶とS氏のご紹介。さすがは有名店、弥七のご主人もS氏のお店はご存知だった。11時になって中に入り、買う食券は無論とりおろしそば(夏期 火〜金曜日 10食限定)である。調理・盛り付けの様子を横目に見て、程なく完成。あの極旨の鶏白湯が冷しでどんな味になるのか、緊張してスープを掬う。真っ白なスープは、熱はないと言えど、クリーミーにして上品な鶏な旨味に溢れていて、ほんのりと甘味と酸味が加わっている。大根おろしにかかったポン酢のせいか? それにしても、これだけ熱がないのにスープが凝固しないのはなぜだろう? 不思議としか言いようがない。中太の麺はスープをよく持ち上げ、もっちりとした食感が嬉しいこと嬉しいこと。これに大根おろしを絡めて食べれば、さっぱりした風味も楽しめる。具は鶏肉・トマト・キュウリ・タマネギ・味玉にネギ。タマネギはシャリシャリと歯応え良く、味を引き締める。トマトは丁寧に皮むきされ、キュウリは僅かに甘酸っぱい味付け。鶏肉には甘辛いタレがじんわりと利き、たっぷりのスパイス等で風味を引き立てる。しつこくない口当たりはまさに夏向き。慈しむようにして完食。まさに奇跡とも思える旨さで、鶏鶏星人には至福の1杯であった。この夏、できればもう1度食べたい!

 住所:大阪市北区豊崎3丁目4-8 電話:06-6373-0035
 ホームページ:http://www.noodle.co.jp/
 

 | HOME | 

カレンダー

05 | 2007-06 | 07
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別件数

最近の記事

カテゴリー

コメント

トラックバック


プロフィール

はたけ

はたけ

名古屋流刑中の京都人です。当て所なく各地を歩いては、時々ラーメンを食べてます。気づけば、02年91杯、03年207杯、04年211杯、05年368杯、06年367杯、07年380杯、08年375杯食べてました。味音痴なのが致命傷で、このレポは全くもって役に立ちません。臨時更新&放置プレイをモットーにしていますので、気が向いた更新します。(現在gooブログからデータを移植中です。)