まにラーメン ver2

はたけの食べ歩きの記録です  ★★★★すごい美味かった!  ★★★美味かった  ★★普通かな  ★ごめんなさい

ぎんや(名古屋市北区)



 
 つけ郎(900円) ★★★★ 2008-109

 4月から始まったコラボ企画で、ぎんや・晴レル屋・しゃかりの3店が「つけ郎」を生み出した。夜限定20食とのことで、なかなか平日には難しい。土曜日なら何とかなりそうなので、初めてグリーングラス号(自転車)でぎんやまで駆ける。18時前に着けば、早5人並んでいて、18時半の開店時は20人近くになっていた。全員つけ郎がお目当てだった(笑) お、ご主人、しゃかりきのTシャツを着ている。1杯作るのに10分近くかかり、かなり手間そうだ。麺は一旦水でしめてから、また茹でる。つけ汁にはたっぷりと背脂をこそぎ落とす。よもや、ぎんやで背脂プレイを見るとは思わなかった。器には3店のロゴ入り。麺はたっぷり400gあり、デフォルトであつ盛りになっている。極太の縮れ麺だが、オーション(強力粉)で作られている。ゴワゴワとした食感で、口の中は圧倒的に支配される。野太い風味でややパサついた感もあるので、正直麺単体では手放しには美味いとは言えないが、これがつけ汁と絡むと、とんでもなく美味かった。そのつけ汁、表面はたっぷりの背脂に覆われていて、最初のうちは甘い。これにニンニクが風味をアップさせる。豚からとったスープには、キレのある醤油タレがよく効いて、やがて喉が渇くくらいに醤油辛くなってくる。ああ、なんとジャンキーな味。中にはたっぷりのキャベツ・モヤシが入っていて、麺と絡めて食べるとまた美味い。チャーシュー、というか煮豚は100gはある塊で、まさに齧り付くための肉である。タレや生姜が効いて、臭味とかは感じない。麺が400gもあっても、これだけつけ汁が美味ければ、難なく食べられる。むしろ、足りないか(爆) 最後、薦められるままにスープ割りを。豚そばにも使うダシを加えると、これまでのワイルドさが嘘のように上品になった。これもビックリ。つけ郎、なんと中毒性のあるつけ麺か。これは何度でも食べたい。 

 住所:名古屋市北区金城町2丁目57-1 電話:052-991-1061
 

 | HOME | 

カレンダー

03 | 2008-04 | 05
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別件数

最近の記事

カテゴリー

コメント

トラックバック


プロフィール

はたけ

はたけ

名古屋流刑中の京都人です。当て所なく各地を歩いては、時々ラーメンを食べてます。気づけば、02年91杯、03年207杯、04年211杯、05年368杯、06年367杯、07年380杯、08年375杯食べてました。味音痴なのが致命傷で、このレポは全くもって役に立ちません。臨時更新&放置プレイをモットーにしていますので、気が向いた更新します。(現在gooブログからデータを移植中です。)