まにラーメン ver2

はたけの食べ歩きの記録です  ★★★★すごい美味かった!  ★★★美味かった  ★★普通かな  ★ごめんなさい

晴レル屋(愛知県大府市)



 
 つけ郎(900円) ★★★ 2008-115

 18時前に晴レル屋に着けば、すでに3人待ち。開店前からあれよあれよと人が並び、18時半の開店時には20人は超えていた。これも、つけ郎の効果か。最初に着席した客は、1人を除いて皆つけ郎を注文していた。もちろん、麺400gで注文。ぎんや・しゃかりきは小鍋でスープや野菜を合わせて火を入れていたが、ここではそれぞれを別で熱してから器に盛っていた。麺・つけ汁共々てんこ盛り(笑) あつ盛りになった麺、ぎんやと同じものを使っているのだが、茹で加減やしめ方が違うのか、また食感が違う。ぎんやの麺よりも、はじき返すような弾力が強いように感じる。オーション100%ならではの野太い風味が印象深い。つけ汁にはくっきり脂の層が見て取れる(笑) よーく掻き混ぜて一口飲めば、醤油タレの甘さと白い粉の旨味がガーンと押し寄せてくる。3店の中で一番甘いか。麺を浸ける、いや、突っ込む度に背脂やニンニク、キャベツ、モヤシ、タマネギが絡まってきて、美味さが増幅する。麺があつ盛りなので、つけ汁が冷める心配もない。煮豚は3cmを超える厚さがあり、齧りつく様にして喰らう。ほんのり生姜が効いて、肉の旨味をそのまま味わえる。最後はスープ割りしてもらう。それにしても、この1食だけで総量何百g食べたのだろう。これで、つけ郎は3軒とも制覇。次は、鶏白湯白エビつけ麺の3軒だ。

 住所:愛知県大府市月見町1丁目297メゾンパラディー大府 電話:0562-47-5432
 ホームページ:http://www.k5.dion.ne.jp/~hareruya/
 

轍(愛知県半田市)



 
 鯛わさび塩ラーメン(800円) ★★★★ 2008-114

 名古屋高速&知多半島道路をすっ飛ばして、轍をシャッター。ちょうど今日は半田でお祭りをやっていた。限定「誘惑の塩」が目当てだったが、すでに新しい限定「鯛わさび塩ラーメン」に変わっていた。これも魅惑なタイトルだこと。もちろんこれを注文。真っ白な器に、黄金色のスープと盛り付けが映える。中央にはおろしたての山葵が。丸鶏と鯛からとったスープは、鯛の臭味もなく、双方でしゃばらずにクリアな味わい。和食の料理でも使えそう。メニュー名からして鯛の塩焼きっぽい塩気を期待したが、良い意味で裏切られた。おろした山葵を溶かしながら飲むと、また香しい。スープだけ先になくなっていく(笑) 麺は太くて平打ちのもので、もっちりとした歯応えが楽しい。具は鯛の身をほぐしたものに、メンマ、三つ葉、白髪ネギに糸唐辛子。いずれも、スープの風味を乱さず、風味を引き立てる存在。最後は器の縁の練り山葵(?)を少しずつスープに溶かして、最後の一滴まで飲み干す。もう1杯頼もうかと思った(笑)

 住所:愛知県半田市天王町1丁目47第2スカイタウン 電話:0569-23-3458
 

 | HOME | 

カレンダー

03 | 2008-04 | 05
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別件数

最近の記事

カテゴリー

コメント

トラックバック


プロフィール

はたけ

はたけ

名古屋流刑中の京都人です。当て所なく各地を歩いては、時々ラーメンを食べてます。気づけば、02年91杯、03年207杯、04年211杯、05年368杯、06年367杯、07年380杯、08年375杯食べてました。味音痴なのが致命傷で、このレポは全くもって役に立ちません。臨時更新&放置プレイをモットーにしていますので、気が向いた更新します。(現在gooブログからデータを移植中です。)