まにラーメン ver2

はたけの食べ歩きの記録です  ★★★★すごい美味かった!  ★★★美味かった  ★★普通かな  ★ごめんなさい

看板を隠した店(仮称)(名古屋市昭和区)



 
 試食 ★★ 2009-042

 なごやん氏のお店が、ついにオープンを迎える。お店を持つ話は半年前から聞いていたが、ここまで色んな苦労があったのだと思う。オープンの前に今日は試食会ということで、昼過ぎに八事の「看板を隠した店(仮称)」に向かう。黒尽くめの店の厨房に、なごやん氏の姿があった。ちゃんとカウンターの向こうの人になっていた。自家製の麺を茹でるには6分かかる。まだ慣れない手つきではあるが、野菜と肉を盛り付けてできあがる。麺の量が300gもあるので、器からこぼれそうである。スープの表面には結構な量の油の層が見て取れる。豚を使わず、牛と鶏でとったスープに醤油ダレの甘味が効いて、まるですき焼きの割り下のよう。もっと醤油っ辛いゴテゴテしたものを予想していたので、思いの外上品な感じである。ただ、パンチはもっと欲しいか。縮れの加わった太麺は無カン水とのことで、ツルツルとした肌にもっちりとした食感が印象的。結構なレベルだと思うので、スープにも同じ存在感が欲しい。トッピングはキャベツとモヤシの上に牛肉が盛られ、その上にミニ玉ネギ。電子レンジで熱しすぎてか、キャベツとモヤシがクタクタになっているのは残念。牛肉も甘く味付けがされている。麺の量がたっぷりあるので途中で味がダレ気味になるが、卓上に珍しい(?)調味料が揃っているので、これで楽しめそう。麺と具を食べきれば、この1杯でかなり腹が膨れる。思った以上に個性的な1杯であり、まだ改良されそうな感じ。プレビュー営業と本営業を楽しみにしたい。

 住所:名古屋市昭和区広路町字北石坂102-11
 ホームページ:http://blog.livedoor.jp/kanbanwo/
 

翠蓮(名古屋市昭和区)



 
 担々麺(900円) ★★★ 2009-041

 季節外れの陽気に誘われて、昼にグリーングラス号(自転車)で翠蓮へ。さすがは日曜日、開店前から行列が伸びる。早めに来ておいて良かった。11時半を微妙に遅れて入り口が開く。今日は「担々麺」&ライスを食べる気が満々。迷わずにこれを注文する。出された「担々麺」は、白ゴマと黒ゴマがスープの表面を覆い尽くす。レンゲを突っ込めば、今日は手応えが随分と軽い。スープが多めなのか、いつもの多重多層な旨味と香ばしさがバランスを欠いていたか。それにしても、この味の多彩なことといったら、楽しいことこの上ない。肌の色の濃いストレートの麺は、ハリが強くて食べ応えがある。味玉は黄身が柔らかく、スープの中でもしっかりと味を感じさせる。濃い青臭さの豆苗を片付けてから、ミンチをじっくりとスープに浸す。やはりスープが多いのか、ミンチを混ぜてもドロドロにまではならない。今日のミンチには巨大なシイタケ(?)の破片が混じっていた(笑) トドメはライスの投入。はぁ、もうこれでお腹いっぱいである。ところで、2月から夜の営業が8時までになっていた。夜は1時間半だけって(笑)

 住所:名古屋市昭和区花見通3-11ハートイン杁中1A 電話:052-833-0572
 ホームページ:http://www.suilen.com/
 

 | HOME | 

カレンダー

01 | 2009-02 | 03
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

月別件数

最近の記事

カテゴリー

コメント

トラックバック


プロフィール

はたけ

はたけ

名古屋流刑中の京都人です。当て所なく各地を歩いては、時々ラーメンを食べてます。気づけば、02年91杯、03年207杯、04年211杯、05年368杯、06年367杯、07年380杯、08年375杯食べてました。味音痴なのが致命傷で、このレポは全くもって役に立ちません。臨時更新&放置プレイをモットーにしていますので、気が向いた更新します。(現在gooブログからデータを移植中です。)