まにラーメン ver2

はたけの食べ歩きの記録です  ★★★★すごい美味かった!  ★★★美味かった  ★★普通かな  ★ごめんなさい

翠蓮(名古屋市昭和区)




 担々麺(880円) ★★★ 2007-049

 先日「スタイルプラス」で紹介されて、ただでさえ繁盛店が“大”繁盛店になってしまったと聞く翠蓮。さすがに昼の閉店時間(14時)間際なら大丈夫だろうと思って行ってみれば、その考えが大甘だったことを思い知らされた。14時でも中には10人近く並んでいて、中に入って待つことすらできない。で、牛歩よろしく遅々と列が進み、30分以上かかって、ようやく席に着けた。厨房のご主人&奥さんの顔にも、疲労の色が見て取れる。今日はとにかく美味いのが食べたかったので、翠蓮の最高傑作(と勝手に思っている)である坦々麺を注文。奥さんから坦々麺を手渡されたのが14時40分。翠蓮でこんなに並んで待って食べるのは初めてだ。それだけに食欲、いや、ラーメン欲が増幅されている。真っ赤なスープを白ゴマ・黒ゴマが埋め尽くし、この見た目の毒々しさはどうだ。もうたまらん。レンゲをつければ程好いとろみがあり、これは期待できる。今日のスープはスパイスとのバランスが良く、かなり良い出来。他にはない魚介の効いたスープと、多種多様な香辛料が複雑に絡み合って、これぞ翠蓮クオリティ。麺を引きずり出せば、あれ・・・? もっと太かったような気がするが・・・ 今日のは中細のもので、やはり弾力に欠ける。それでもスープとの馴染みは良く、スープやゴマをまとわりつかせて口に吸い込まれていく。豆苗を一気に片付けた後、ミンチに箸を伸ばす。スープがスープだけに、肉の甘さが引き立つ。このミンチを麺を平らげた後のスープに混ぜれば、見た目はドロドロで酷いが、スパイスと肉の旨味が凝縮された最高のスープとなる。いや、もはやスープとは呼べないか(笑) これに埋没しているナッツが時折現れ、また別の甘さをもたらしてくれる。他のお客さんがライスを頼んでいるところを見ると、まだライスがあるようだ。一度やってみたかったライス投入! ドバっとライスを投入して掻き混ぜれば、当初の姿とは似ても似つかぬお下品な姿に。嗚呼、でもこれも美味かった。ご主人&奥さんからレアアイテムをいただき、お店を出たのが15時ちょうど。はぁ、もう今日は晩飯は要らない!

 住所:名古屋市昭和区花見通3-11ハートイン杁中1A 電話:052-833-0572
 ホームページ:http://www.suilen.com/
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


画像の文字を半角数字で下記ボックスに記入ください。
文字が読みにくい場合はブラウザの更新をすると新しい文字列が表示されます。

トラックバック

http://maniramen.dtiblog.com/tb.php/175-757bab81

 | HOME | 

カレンダー

07 | 2018-08 | 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別件数

最近の記事

カテゴリー

コメント

トラックバック


プロフィール

はたけ

はたけ

名古屋流刑中の京都人です。当て所なく各地を歩いては、時々ラーメンを食べてます。気づけば、02年91杯、03年207杯、04年211杯、05年368杯、06年367杯、07年380杯、08年375杯食べてました。味音痴なのが致命傷で、このレポは全くもって役に立ちません。臨時更新&放置プレイをモットーにしていますので、気が向いた更新します。(現在gooブログからデータを移植中です。)