まにラーメン ver2

はたけの食べ歩きの記録です  ★★★★すごい美味かった!  ★★★美味かった  ★★普通かな  ★ごめんなさい

ぎんや(名古屋市北区)




 豚そば 味噌(780円) ★★★ 2007-017

 今週から投入されたという味噌を求めて、2週続けてぎんやへ。寒くなると、味噌恋しくなる。夜9時半ならのんびり食べられると思いきや、こんな時間でも満席。さすがの繁盛っぷり。今回は過たずに券売機で豚そば味噌をプッシュ。庭、いや、ご主人、小鍋やらを使って(エビの油を熱したか?)作業していく。さて、1年ぶりに味噌とご対面。今年も中央にエビが鎮座まします。手渡されたそばから、エビ油の香ばしい匂いが漂う。早速スープを口にすれば、味噌の風味が力強く口の中を駆け抜け、それに隠れて魚介系の風味が後を追う。見た目程の味噌っ辛さはない。これにエビ油やクリーム、タマネギの細かくカットしたものが入っているので、味のバリエーションには事欠かない。麺は中太の縮れたもので、結構ゴワついた食感。弾けるような感じはない。グリーンカレーで使うようなプリプリの麺で食べてみたいところ。具はチャーシュー、エビ、水菜、穂先メンマに海苔と盛りだくさん。チャーシューは脂控えめにさっぱりとして、水菜はシャキシャキとしている。穂先メンマは柔らかで独特な風味。エビはプリっとして歯応え良し。気がつけば、器の中は空いていた。1杯の中に味が多すぎるような気もするが、逆にこれだけよく詰め込んだとも思う。もう少しシンプルにして、値段を下げてもらえれば(爆) (そうしたらそうで、味が物足りないって書くのかな、ウチw)

 住所:名古屋市北区金城町2丁目57-1 電話:052-991-1061
 

ぎんや(名古屋市北区)




 汐そば(650円) ★★★★ 2007-003

 臺大からの帰り道、行列覚悟でぎんやへ。11時半過ぎに着けば、予想通り10人近い行列が店外に続いている。回転は早かろう、と見込んでいたら、なかなか1番客が出てこない。1番客はカップルか家族連れだろうか。12時になってようやく出てきた。見れば、その筋では顔の知られた方で、やはりカップルでお見えあった(笑) 2番客もその筋の有名人で、皆考えることは同じのようである。つい先月に豚そば・つけそば・グリーンカレーを食べていたので、今日は汐そばを注文。これに無料券で半熟煮玉子をトッピング。庭、いや、ご主人の鮮やかな手捌きで、さほど待たずに汐そばが登場。手渡されたそばから香しい。澄み切ったスープには魚介系の旨味がじんわりと、ぎっしりと詰まっていて、脂とタマネギが旨味を引き立てる。極細の麺は程良い茹で加減で、伸びる前に一気に啜る。具にはチャーシュー・穂先メンマ・水菜に半熟煮玉子。今日のチャーシューは非常に柔らかで、かと言って脂のしつこさはない。水菜はシャキシャキとして良いアクセント。穂先メンマも柔らかで独特な歯応え。半熟煮玉子は紛うことなく黄身がトロトロ。折角なので残ったスープをご飯にかけてみる。なんか、昔実家で食べたお吸い物の雑炊を思い出させる懐かしい味になった。残ったスープも飲み切れば、自然と唸る1杯。今年も何度もお世話になりそう。

 住所:名古屋市北区金城町2丁目57-1 電話:052-991-1061
 

ぎんや(名古屋市北区)




 豚そば味噌(780円) ★★★ 2006-109

 

 住所:名古屋市北区金城町2丁目57-1 電話:052-991-1061
 

ぎんや(名古屋市北区)




 味噌そば(780円) ★★★ 2006-042

 本日から登場の新メニュー・味噌そば。20時半に店に入ると、客の姿はなくがらーんとしている。タイミングが良いんだか、悪いんだか。気が急いていたので、味噌そばの値段を確認するのを忘れてしまった。ご主人、小鍋で海老油を熱して丼へ。そこに味噌(あの色はもしや八丁?)を放り込んで、スープを注ぐ。最後に海老を盛って完成。早速スープを口にすると、味噌の柔らかな風味と魚の風味がぱーっと口の中に拡がる。お陰で味噌辛さや味噌味噌した感じはなく、至って穏やか。サワークリームを交えればマイルドに、黒七味を交えればピリリと味が締まる。麺は中太の縮れたものだが、思ったほどスープとの絡みはない。これはちょっと残念。具にはチャーシュー、穂先メンマ、ネギにエビ。このスープの中でもチャーシューはタレの味がしっかり分かる。穂先メンマは今日は味が濃かったような。最後にエビにかぶりつく。味噌の風味と喧嘩することなく、プリっとした食感。スープは少なくなるにしたがって、更に味噌の風味が強くなった。店を出ても、しばらくは口の中に味噌の風味と黒七味のピリリ感が残った。

 住所:名古屋市北区金城町2丁目57-1 電話:052-991-1061
 

ぎんや(名古屋市北区)




 豚そば(600円) ★★★ 2006-024

 当初は一徳→ぎんやの予定だったが、一徳にまた振られた(4連敗)ので、ぎんやで2杯食べることに。1年以上のご無沙汰で、久々に豚そばを頼んでみる。麺茹での様子を何気に見ていたら、ものの10秒でデポが上がった。表面が泡立つスープからは、さっと節系の匂いが漂ってくる。茶濁したスープを飲めば、節系の味と動物系の2本立てで旨味が押し寄せてくる。何か、この味の構成は晴レル屋の白の麺と似てるなぁ、と思う。ただ、晴レル屋は豪快で、ぎんやは繊細な感じかな。麺は極細のストレートなもので、スープとよく馴染んでいる。具にはチャーシュー、穂先メンマにネギ。チャーシューはタレはそれほど効かせずとも、旨味をぎゅっと詰め込んだ感じで、厚さも十分。2杯目でも美味しく完食。今度は全部のせだな・・・

 住所:名古屋市北区金城町2丁目57-1 電話:052-991-1061
 

ぎんや(名古屋市北区)




 グリーンカレー(800円) ★★ 2006-023

 東海ウォーカー特集第3弾。夜8時過ぎに入って、グリーンカレーを注文。前からあるメニューだったが、今まで頼んだことが無かった。ご主人の作業を見てると、グリーンモンス(うーん、マニアック・・・)のような物体が丼に投入される。ちょっと身震いした。身構えていると、程なくグリーンモンスが、いや、グリーンカレーが登場。スパイシーな匂いが流れるが、普通のカレーのものではない。思ったとおり、スープは深緑色に染まっている。恐る恐るスープを口にすると、柔らかな刺激の辛さが口の中に広がる。後にはひかない辛さである。グリーンカレーそのものは食べたことは無いが、このスープの味の組み立ては、以前にタイ料理かベトナム料理で味わったことがある。粗切りの玉ネギがまた違う辛さを出していて面白い。麺は平打ちの太麺で、まったりとスープが纏わりついてくる。さすがに細麺では無理。具はチャーシュー、穂先メンマ、赤ピーマン。穂先メンマ、いつもながらシャクっとして美味い。チャーシューはこのスープの中でも味を損なわれず、柔らかで優しい風味をキープしている。汗をかくこともなく、不思議な感覚に捕らわれているうちに完食。ご飯入れたら美味そうだ・・・

 住所:名古屋市北区金城町2丁目57-1 電話:052-991-1061
 

獅子吼(名古屋市北区)




 マクロビ坦々麺(1,000円) ★★ 2006-004

 ぎんやからの帰り、店の前の回転灯が廻っていたのを見て店に飛び込む。今日もまた神々しいうなじに心の中で手を合わせる。今年も癒してください(爆) 先月登場した新メニューのマクロビ坦々麺を注文する。1日5食限定ということだが、昼過ぎならセーフ。動物性の食材を使わず、もちろん無化調で作るとのこと。はたしてどんなものができるのか、期待して待つ。しばらく待って、いつもの器にラーメンが登場。一見すると味噌ラーメンのような感じであるが・・・ スープを口にすると、坦々麺といいつつも胡麻や味噌の風味は弱め。やはり動物系がないと、スープ自体は弱くなるか。スープに重みがない。でもまぁ、動物系無しでこれだけの味が作れていることは驚きである。麺は中細のもので、なかなかの食感が楽しめる。いつも思うが、ここのトッピングの野菜は美味い。大豆で作ったミンチ。さすがは“畑の肉”と呼ばれるだけある。肉らしくをよく作ってある。さすがに味は及ばないが。この肉味噌がスープに溶けると、劇的にスープが美味くなった。なるほど、よく考えるものだ。アイデアの勝利。
 
 住所:名古屋市北区平安1丁目10-26 SIERRAOZONR1F 電話:052-991-1113
 ホームページ:http://shishi-ku.com/
 

ぎんや(名古屋市北区)




 汐そば(650円) ★★★★ 2006-003 

 てっきり2日から営業だと思い込んでいて、昨日の昼に来てしまった。そしたら閉まっていて、呆然・・・ 気を取り直して、今日も来襲。ご主人に新年の挨拶をして、汐そばを注文。調べてみれば、1年ぶりの汐そばである。油を浮かせた透明なスープを飲めば、吸い物にでも使えそうなあっさりとした風味に、じんわりとした上品な旨味が凝縮されている。こんなに美味かったか?と驚いてしまった。玉ネギもスープのアクセントになっていい。スープと相俟って、極細の麺もクセのない味。延びると嫌なので、一気にすする。箸安めに水菜とメンマ。いずれも歯応え良し。チャーシューは1枚。全体のバランスを考慮してか、控え目な味付け。食べきると、体全体に熱さと美味さが染み渡る感じ。あー、美味かった!

 住所:名古屋市北区金城町2丁目57-1 電話:052-991-1061
 

«  | HOME | 

カレンダー

01 | 2018-02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別件数

最近の記事

カテゴリー

コメント

トラックバック


プロフィール

はたけ

はたけ

名古屋流刑中の京都人です。当て所なく各地を歩いては、時々ラーメンを食べてます。気づけば、02年91杯、03年207杯、04年211杯、05年368杯、06年367杯、07年380杯、08年375杯食べてました。味音痴なのが致命傷で、このレポは全くもって役に立ちません。臨時更新&放置プレイをモットーにしていますので、気が向いた更新します。(現在gooブログからデータを移植中です。)