まにラーメン ver2

はたけの食べ歩きの記録です  ★★★★すごい美味かった!  ★★★美味かった  ★★普通かな  ★ごめんなさい

zhi-ma(名古屋市名東区)



 
 担々麺(750円) ★★ 2009-006

 「まんまる堂」の2杯が重たくなかったので(?)、ついでにもう1杯。藤が丘駅近くに先月オープンした坦々麺専門店「zhi-ma」を目指す。東山線の高架の下にお店を発見。「担々麺」「汁なし担々麺」があるようだが、最初なのでデフォルトの「担々麺」をお願いする。店員さんの応対が丁寧なのは、好感大である。たっぷり注がれた汁は、恐ろしく赤い色をしている。激辛か?と怪しんだが、刺激的な香はさほど感じない。汁を飲んでみると、ゴマの風味やラー油の辛さは控え目だが、かといって全体の味が弱い訳でもなく、味は多彩な感じがする。濃さも低めで、刺激よりも食べ易さを重んじているのだろうか。テーブルの上に山椒とラー油があるので、刺激が物足りなければ、これで補えそう。麺は細めのストレートで、クセなくするりと口に入っていく。トッピングには肉味噌とホウレン草。肉味噌がたっぷりの汁に埋没してしまい、ちゃんと味わえなかったのが残念。最後にご飯を投入したかったのを堪えて、完食。誰でも食べ易い味の作りだとは思うが、やはり刺激の物足りなさはついてまわりそう。
 
 住所:名古屋市名東区藤が丘161 電話:052-771-9010
 

まんまる堂(愛知県愛知郡長久手町)



 
 つけめん(750円) ★★★ 2009-005

 「のーまる」に大満足したので、麺が違うことを確認した上で、「つけめん」も注文。丼にたっぷり盛られた麺は、今度は角が立った中太で、くすんだ肌に黒っぽい粒が見てとれる。口にふくめば潤いたっぷりで、蕎麦にも似た落ち着いた風合い。喉越しも蕎麦のよう。つけダレの味の組み立ては、基本的にのーまると同じ。幾分魚介の風味を控え目にして、動物系や野菜の旨味を前に出している感じ。が、スープ割りが全く必要ないくらいに、濃度は低い。バランスを重視した、あっさり系のつけ麺に仕上がっている。これだと麺の風味を消すことはないが、つけ麺としては一抹の物足りなさも感じてしまう。つけダレにはチャーシューとネギが浮かび、中にはモヤシが入る。やっぱりチャーシューが美味い。インパクトには欠けるが、丁寧に作られたことが十分に窺えるつけ麺であった。のーまると同じ750円というのも嬉しい。近いうちに、塩・味噌・辛も試さねば(笑)

 住所:愛知県愛知郡長久手町五合池1413 電話:0561-61-3860
 

まんまる堂(愛知県愛知郡長久手町)



 
 のーまる(750円) ★★★ 2009-004

 先月、長久手町にオープンした「まんまる堂」にやっと行くことができた。豊橋時代に行くことができなかったので、否が応でも期待してしまう。昼シャッターで入って、一番ベーシックな「のーまる」を注文。お品書きには素材に拘ることがびっしりと書いてある。やや濁りのあるスープは、油は控え目で、魚介系の風味がじんわりと軟らかく効いている。スープ表面に浮いた擦りゴマがむしろ邪魔に思えるくらいに、スープの旨味に奥行きがあって、ふくよかである。お品書きでは醤油味となっているが、醤油ダレが優しく全体をまとめている。やや縮れの加わった麺は、国産小麦と安全な卵を使い、無かん水とのこと。歯応えには劣るが、地味ながらもしっかりと風味が感じられる。具はチャーシュー、海苔、水菜にネギ。チャーシューは盛り付ける前にフライパンで熱している。肉の旨味がしっかりと感じられ、噛み応えも良い。これまでの経験からして、無化調や無添加、安全な素材に拘るあまり味が二の次になっているお店もあるが、ここはしっかりとそれを両立させている。750円と値は張るが、納得できる1杯である。無我夢中のうちに平らげてしまった。

 住所:愛知県愛知郡長久手町五合池1413 電話:0561-61-3860
 

ぎんや(名古屋市北区)



 
 汐そば(800円) ★★★ 2009-003
 
 「フォアグラ焼きラーメン」に満足した勢い(?)で、「汐そば」も注文。いつもながら、黄金色に澄んだスープが食欲をそそる。慈味に満ちたスープが、喉をスルリと抜ける。表面に浮かぶ油が幾分少なめに映ったが、そのせいだろうか、いつものふくよかな味わいに一枚欠ける気がする。魚介系が目立って、お吸い物により近い雰囲気である。細かくカットされたタマネギが甘さをプラスする。麺はおなじみの極細ストレート。さっくりと、若干硬めの茹で加減が良い。具はチャーシュー、穂先メンマ、水菜に海苔。水菜のシャキシャキ感と僅かな苦味が軽いアクセントになる。チャーシューは肉厚でさっぱりとした味わい。これで今年食べたラーメンは3杯連続で「ぎんや」(笑)

 住所:名古屋市北区金城町2丁目57-1 電話:052-991-1061
 

ぎんや(名古屋市北区)



 
 フォアグラ焼きラーメン(1,500円) ★★★ 2009-002

 新年最初の仕事を終えて、今夜も「ぎんや」へ。狙うはもちろん、今日から登場の「フォアグラ焼きラーメン」である。正月早々、直々にご主人に予約しておいた。20分程待って中に入り、「フォアグラ焼きラーメン」を注文。フライパンでソテーされるフォアグラの香ばしさに、鼻腔が拡がる。その後、麺がフライパンに投入されて、いよいよ焼きラーメンに。ぎんやで焼きラーメンが食べられようとは(笑) 黒い皿に麺と葉物が盛られ、その上にフォアグラが鎮座する。麺を引っ張り上げれば、緩やかにウェーブする極太の平打ちに近い麺。9番の太さとのことで、もっちりした食感に顎がよく動く。何よりも、フォアグラオイルのタレがねっとりとよく絡んでいる。このタレ、フォアグラを炒めた油にスープの油が加わり、重みのあるコクが醸し出されている。パプリカやベビーリーフ、カットされたタマネギを絡めて食べてもまた良し。最後にとっておいたフォアグラは、表面に焼き目がついていて、中はトロトロの状態。口の中で文字通り融ける。嗚呼、この食感は何年ぶりだろう。フォアグラとラーメンというあり得ない組み合わせが、焼きラーメンの手法で見事結びついていた。1,500円も頷けるが、豚そば2杯と思うと悩みどころである(苦笑)

 住所:名古屋市北区金城町2丁目57-1 電話:052-991-1061
 

ぎんや(名古屋市北区)



 
 つけそばストロング 大盛り(950円) ★★★ 2009-001

 今年の初ラーメンも「ぎんや」。勢い余って開店一時間前に着いてしまい、もちろん、一番乗りだった。いきなり「まぜ郎」を選びそうになったが、ぐっと堪えて「つけそばストロング」を大盛りでお願いする。厚みのある平打ちの麺は全粒粉を使っているので、くすんだ肌に粒が見え隠れする。ややベトっとした食感だったが、深みのある小麦の風味が存分に楽しめる。大盛りなので、量もたっぷり。つけダレの中央には魅惑のカツオ餡が拡がる。麺をつける前に一口口にすれば、トンコツの濃厚な旨味と、カツオの濃厚な旨味がダブルパンチで襲ってくる。濃度抜群なので麺にねっとり絡みつくが、どっぷり浸すと風味負けしそう(笑) すっと喉を通らない程に、今日のつけダレは濃い。具には穂先メンマと焼き目のついたチャーシュー2枚。穂先メンマのほんのりとした甘さが嬉しい。肉厚のチャーシュー、もう少し味があってもいいかも。初ラーメンとしては、満足満足。本当はもう1杯食べに行く予定だったが、これで満足してしまった。今年もぎんやに通うことになりそうだ。

 住所:名古屋市北区金城町2丁目57-1 電話:052-991-1061
 

«  | HOME | 

カレンダー

12 | 2009-01 | 02
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別件数

最近の記事

カテゴリー

コメント

トラックバック


プロフィール

はたけ

はたけ

名古屋流刑中の京都人です。当て所なく各地を歩いては、時々ラーメンを食べてます。気づけば、02年91杯、03年207杯、04年211杯、05年368杯、06年367杯、07年380杯、08年375杯食べてました。味音痴なのが致命傷で、このレポは全くもって役に立ちません。臨時更新&放置プレイをモットーにしていますので、気が向いた更新します。(現在gooブログからデータを移植中です。)